画像: 3月15日(木)Guest:「ラックライフ」

本日のゲストは、「ラックライフ」のVo.&Gt.PONさんとのインタビューをお送りしました〜!

「Music Bit」にまたまたPONさん来てくれました!雄ちゃんの「初・生ゲスト」を奪った男!(笑)
なんと今日!3月15日は、ラックライフの10周年記念日なんで〜〜!めでたいね〜〜!
「これを機にもっとみんなに祝ってもらおう!」という気持ちを持ちつつ、これからのラックライフにも期待が高まりますね〜!

ここで恒例のカードトーク!

1枚目は「この春やってみたいこと」!
春が来ましたもんね〜。結構自由に生きているというPONさん。この春はバーベキューをやりたい!そしてアスレチックをやりたい!
ジップラインとか、とにかくいろんな大掛かりなアスレチックに挑戦したいそうです〜!
「Music Bit」にはバーベキュー大好きな雄ちゃんがいますが…どうですか?(笑)

2枚目は「友達とどんな話題で盛り上がりますか?」
最近、高校の同級生と集まったら、子どもの話ばっかりだそう!
お友達のお子さんを集めて、まるで幼稚園のようになっているんだとか。賑やかですね〜♪
あとは、お金と健康の話!?やめとけやめとけい!!(笑)

そんな「ラックライフ」は、2月28日にニューシングル「僕ら」をリリースしました〜!
今年の1月18日に行われたラックライフのワンマンライブ「Change The World Tour」でも披露されたんですが、とにかくPONさんの真っ直ぐな歌声と、優しいメロディがめっちゃ良いんです!
現在公開中の映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」のエンディングテーマにも起用されていますよ〜。
映画の内容ともリンクしつつ、自分と重なる部分とつなぎ合わせて作られた「僕ら」。
実は半分だけ曲を作っていて、途中で行き詰まってしまった時に、「映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」のエンディングテーマです!」と先に発表があり!(笑)
「ヤバイ!!」となった時に、ファンの方の喜びの声が目に入ったそう。
そこから最後まで作詞が進んだんだそうです。
ファンの皆さんと作った、と言っても過言ではありませんね〜。素敵な1曲ができました。
MVも素敵なんですよ〜、雄ちゃんが大好きな場所で撮影されているそうで、めっちゃお気に入りと言ってましたね〜。こちらもぜひ見てください!

カップリングの「ライターライナー」では、今まで後ろ向きになっていた気持ちを救ってくれた、ライブに来てくれたお客さん、ライブハウスのスタッフの方に向けて、「誰かが喜んでくれるのが好き」なPONさんが10年を振り返って書いた1曲。本当にラックライフは良い人たちに囲まれているんだなぁ、と感じましたね。
そして「贅沢病」は、「人間って面倒臭いなぁ」ということを歌った曲。
「好きな人と一緒にいることだけでベリーオッケー」な、はずなのに、それ以上を求めてしまう人間の部分を、PONさんが感じたままに「ちょっとぉ〜…聞いてくれみんなぁ〜…」という感じで書いた1曲だそうです。1枚通してぜひ聴いてください!

そして!5月9日(山田涼介くんの誕生日!)に、6thシングル「シンボル」のリリースも決定しています!「僕ら」とは違って、ロックな感じになっています!
こちらはTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」』OP主題歌に決定していまして、新たに新曲2曲も収録されるとのこと、楽しみですね〜!

今後の予定は、ラックライフ主催のイベント「ラックライフ presents GOOD LUCK 2018」開催決定!
大阪編は、5月4日(金・祝)なんばHatchにて!
出演は、ラックライフ、あいう、グッドモーニングアメリカ、ザ・モアイズユー、Self­Portrait、CHERRY NADE 169、BURNOUT SYNDROMES、HEADLAMP、LACCO TOWER、Rhythmic Toy World…と、めちゃめちゃたくさん出てくれます!
詳しくはこちらまで〜!→[http://luck-life.com/special/goodluck2018]

また今年もたくさん「Music Bit」、特に「木曜Bit」でお会いできますように〜!
いつでもお待ちしております!

本日のゲストは「ラックライフ」のVo.&Gt.PONさんでした!ありがとうございました〜♪

※無断転載禁止※
※写真により期日をすぎると削除されるものがあります、ご了承ください。※

※録音Bit、楽しんでいただけてますか?※
※ブログがいつになく長文になってしまいました、頑張って読んでください。※
※mobikoさんはドライブ、ブログ担当は狩り、雄ちゃんは遠いところ、えんどぅーさんは…?※
※来週はもちろん、生放送ですよ※

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.