喜多郡内子町五十崎地区を流れる清流・小田川をはさんで、両岸から何十もの凧をあげ、「ガガリ」という刃物で糸を切りあう、約400年の歴史をもつ勇壮な伝承行事「いかざき大凧合戦」。
毎年5月5日に豊秋河原にて開催されています。
当日は、大凧合戦や「百畳凧」の凧揚げの挑戦が行われるほか、凧踊り・太鼓の披露などイベント目白押し。
当日本部に申込すれば、自分で凧揚げをすることもできます。
詳しくは、 内子町の公式観光サイトをご覧下さい。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.