ホノルル駅伝&音楽フェス2018

4月も中盤に差し掛かってきました。ハワイのベストシーズン・5月はすぐそこ!
そんな気持ちのいい5月20日に開催されるのが「ホノルル駅伝&音楽フェス2018」!
およそ1か月後に迫ってきました。

今回で6回目となるこの大会は、「スポーツ」と「音楽」をダブルで楽しもうという
新感覚のリゾートイベント。

駅伝は、家族やお友達、職場の仲間など、2~6名までの自由なチーム構成で、
都市と大自然が隣り合ったホノルルの爽快なコースでタスキをつなぎます。

1区はおよそ5.3km。
カピオラニ公園をスタートし、ダイヤモンドヘッドを左手側に見ながら
麓(ふもと)をなぞるように走るコース。海を見ながら、風を感じながら・・・
この大会でしか走ることができない「オーシャンビュー」が最高だとか。

昨年この「ホノルル駅伝」を体験したという
H.I.S大阪駅前ハワイ支店の松井さんから感想を頂きました!

自分は第5区を走りました!
スタートは朝5時でまだ薄暗く、涼しく感じます。しかし、担当区間にタスキがまわってくる頃には日も完全昇り、日差しも強く、かなり暑かったです。
距離的にも一番長く、日々の運動不足のせいもあり正直途中で意識が飛んじゃいそうになりました。。。(笑)

ただ、みんなで繋がれてきたタスキを次に繋げたいという気持ちが自然に湧いてきて、
沿道で声援を送ってくれる皆さんや、給水所でドリンクを渡してくれるキッズ達、
そしてハワイの雄大な自然と特別な雰囲気のお陰で、何とか走りきりました。

タスキを繋げれたときの達成感は、本当に表現ができないくらいの気持ちでした。
「疲れたけど気持ちいい!」「走ってよかった!」という思いが、いっぱいでした!
アンカーが帰ってくるのをゴール少し手前で待ち構え、全員で足並みそろえてゴール!!

時間内に走りきったチーム全員に記念メダルが贈られるのでダイヤモンドヘッドをバックに、メダルを掛けて、みんなで記念写真!!

ハワイだから感じることができる風や雄大な景色をそして、人と人がつながりあえる「アロハスピリット」をぜひぜひぜひ体験してみてください。

画像: ピンクが松井さん

ピンクが松井さん

画像1: ホノルル駅伝&音楽フェス2018
画像2: ホノルル駅伝&音楽フェス2018

駅伝の前日に開催されるのが音楽フェス。
今年は、この「Mana'o Company (マナオ・カンパニー)」ほか、70年代のハワイの音楽シーンを代表するバンド「Kalapana(カラパナ)」も出演。

日本からは・・・「May J.」「私立恵比寿中学」「サンプラザ中野くん さん &パッパラー河合 さん」が登場します!

当日は、・・・ゲストランナーとして「BOYS AND MEN」、5年連続出場のペナルティ・ワッキーさんや、品川庄司の庄司さん率いる
「チームよしもと」他が、ホノルルの街を一緒に走ります!

ハワイの気持ちいい気候の下、仲間と音楽とマラソン!絶対いい思い出になりますね!

H.I.S.大阪駅前ハワイ支店内
「LeaLea ハワイアンビレッジ大阪」からのお知らせ

ポリネシアの人々が「神の木」「精霊の木」と呼ぶ、希少なナッツの木から採れる貴重な「タマヌオイル」が新登場しました!

「奇跡の万能薬」として注目されている、美容効果の高いオイルです。

エキストラバージンオリーブオイルの20倍以上の抗酸化作用があるとされる、奇跡の一滴が、あらゆるお肌の悩みを忘れさせてくれるでしょう。
スーッと伸びてなじんだ後のお肌は、潤いで満たされイキイキと輝きだすはず!

ぜひH.I.S.大阪駅前ハワイ支店、
並びに「LeaLea ハワイアンビレッジ大阪」で見つけてください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.