FM OH!がマンスリーで選ぶイチオシ・ニュー・ディスク!
一ヶ月間、何度も何度もたっぷり楽しんで、あなたのお気に入りプレイリストに加えてくださいね!

君の待つ方へ / 阿佐ヶ谷ロマンティクス

画像: 2nd full album『灯がともる頃には』(2018年5月16日発売) PCD-24728 ¥2,400+税

2nd full album『灯がともる頃には』(2018年5月16日発売)
PCD-24728 ¥2,400+税

有坂朋恵(ヴォーカル)、貴志朋矢(ギター)、古谷理恵(ドラムス)、堀 智史(キーボード)の4人組。 2014年春、結成。ロックステディやレゲエといった中南米音楽の要素をニューミュージックやティンパンアレイといった、抒情的な日本語ポップスへと落とし込んだ、バンド名の通りロマンティックなナンバーを奏でるグループ。
2017年1月に発売した1stアルバム『街の色』が各所で話題を呼び、その後、DADARAYとの2マン、KONCOSや台風クラブとの対バン、また、バンドの初自主企画「初秋のロマンティック」「春分のロマンティック」にはTAMTAMや次松大助(THE MICETEETH)をゲストに開催と、日々精力的に活動中。そんな阿佐ヶ谷ロマンティクスが、この度、新たな名曲たちを収録した2ndアルバム『灯がともる頃には』を発売! タイトル曲「灯がともる頃には」は、彼らの最大の持ち味である抜群のメロディ、そして圧倒的なヴォーカルの良さを存分に感じることができる。また、今作のリード曲でもあり、明るく踊れる阿佐ヶ谷流スカ・ナンバー「君の待つ方へ」や、切ない詞と透き通るように綺麗なメロディ「想像ばかり」、The Delfonicsの大名曲「La La Means I Love You」のカヴァーなど、非常に満足度の高い作品に仕上がっている。楽曲や技術面でもさらにパワーアップした2ndアルバムに、こうご期待!!!

公式サイト: https://asagayaromantics.weebly.com/


バックナンバーはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.