心を許した友は、”少年A”だった。

かつて世間を震撼させた事件を起こした少年の【その後】を描いた薬丸岳のミステリー小説を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が映画化。主演は生田斗真、瑛太。互いに拭い切れない過去を持つ男ふたりの、心の葛藤・猜疑心をリアルに体現したヒューマンサスペンスです。

本作の特別試写会を、“「らじこー課外授業!」”として5月19日(土)に行うことが決定。上映後には、この春から木曜担任となったトット先生が登場してのホームルームを実施。来場者のみなさんの感想を聞かせてくださ~い!

画像: ©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会 gaga.ne.jp

©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

gaga.ne.jp

【STORY】
ジャーナリストの夢に破れた益田(生田斗真)は寮のある町工場で働きはじめ、無口な鈴木(瑛太)と出会う。少しずつ距離を縮め、友情を育んでいくふたり。あることをきっかけに、益田の中で「鈴木は17年前の連続児童殺害事件の犯人では?」という疑念が生まれてくる。突き詰めていくうちに益田は、自ら犯した過去の罪と向き合うことになっていく。

『友罪』
5月25日(金)よりTOHOシネマズ梅田 他 全国ロードショー
監督・脚本:瀬々敬久
出演:生田斗真、瑛太、夏 帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市 他

開催情報

■日時:5月19日(土) 13:30開場 14:00開映
■会場:ギャガ 試写室(大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16 京富ビル8F)【Map
■ご招待数:15組30名様
■配給:ギャガ
■締切:5月11日(金) 15:00まで
■応募方法:下記、応募フォームよりご応募ください
※上映後、トット先生によるホームルーム実施。みなさんからの感想をお聞きします!

ご応募はこちら

※当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます
※当落に関するお問い合わせはご遠慮ください

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.