画像: 写真左より、前田彩名(FM OH! DJ)、井上苑子

写真左より、前田彩名(FM OH! DJ)、井上苑子

FM OH!のタイムテーブル(7~9月号)の表紙を飾るのは、2015年のデビュー直後から10~20代の音楽リスナーのハートをぎゅっとつかんで離さない20歳のシンガーソングライター・井上苑子と、「なんMEGA!」(毎週金曜日13:00~18:00)でおなじみのDJ前田彩名が登場! 小学6年生で曲作りをはじめ、路上ライブを重ねる中でミニアルバム『#17』でデビュー。1stシングル「だいすき。」はYouTubeで1000万再生を超え、その後もシンガーとしてだけでなく、映画やドラマに出演するなど幅広く活躍中の井上苑子。昨年末に20歳を迎え「お酒が飲めるようになった」と言う彼女のお気に入りは「日本酒とマッコリ(笑)」。渋い!
最新作『Mine.』のことや、この夏挑戦したいことなどを楽しく語ってくれました。

新作は、エモーショナルをテーマに
切なさの中にも強さがあるものにしたかった

前田: 6月6日にミニアルバム『Mine.』が発売されました。今回はどんな作品になりましたか?

井上:全部で6曲収録されているんですけど、今回は“エモーショナル”をテーマにしたミニアルバムなので、いろんな感情を出せるような曲を書きました。曲調も、バラードだったり、ロックだったりポップだったり、6曲それぞれ違っているんですよ。

前田:ハッピーなラブソングもありますが、苑ちゃんの曲には“今こうしている楽しい瞬間も、いつかは思い出になっていくんだなぁ”という想いが込められているように感じます。切なくもあるけど、前を向いている気持ちが伝わってきます。

井上:ありがとうございます!これまではポップで前向きなキラキラした曲が多かったんですけど、今回は別れを歌っていたり、恋愛が実っていない切ない曲がメインになっているんです。ただ、切なさの中にも強さがあってほしくて。歌詞は女の子をイメージして書いているんですけど、女の子にはワガママであってほしいなという想いもあるから、そこが強くもあり前向きに感じてもらえるところでもあるのかなって。

前田:歌詞に登場する女の子は実際の苑ちゃんに近い?

井上:わりと、私の意志が表れていると思います(笑)。『リメンバー』は忘れられない人を想って書いてるんですけど、忘れられないなら、無理に忘れなくてもいいんじゃないかなって。忘れられないということは、まだ相手を好きな気持ちが残っているわけですよね。それなら二人の思い出を消さなくてもいいんじゃないかなと思って書いていったから、自己中心的になっているところもあるし、一度は別れているのにまた会う機会を作っちゃう……それってワガママですよね。自分もそういうところがあるんですけど(笑)。

前田:そうなんだ(笑)。わがままかもしれないけど、それさえも可愛らしく見せてしまえるのが苑ちゃんの歌のイイところなのかなって。聴いていて“こういう恋愛がしたかったな”と思います。

井上:そう思ってもらえるのはすっごく嬉しいです。

前田:『My Dear One』は特にキュンキュンしました。

井上:これは友達を想って書いた曲なんですけど、聴く人によって、好きな人だったり友達以外の人に置き換えても伝わるようにしたくてそのタイトルにしたんです。

体を柔らかく!
6つのハタチの公約もガンバっています!

前田:その『My Dear One』も含めて未来を感じさせる曲が多い中で、最後の『踏み出す一歩が僕になる』は夢に向かって頑張る人の背中を押す曲になっていますね。

井上:そうなんです。この曲を作るにあたって、ツイッターのフォロワーさんに夢に向かっている途中で挫折したエピソードとか、うまくいかなかったエピソードを募集して歌詞を作っていったんです。その中には、“これ、自分とめちゃくちゃ似てる!”っていうエピソードがすごくたくさんあって、私自身路上ライブをやっている時とか、うまくいかなかったこともたくさんあるし、そうやって同じように感じている人がたくさんいるんやなぁと思うと、“夢”を語らないで書いていく歌があってもいいんじゃないかなって。だからその曲はこれまでの曲の中でも結構、泥臭い感じになってるんじゃないかと思います。

前田:曲を聴いた人の中には“私のことを歌ってくれている”と思う人がたくさんいるでしょうし、“なんで私の考えていることがわかるんだろう?”って共感するリスナーも多いんじゃないかな。

井上:そうだったら嬉しいですね。1曲1曲、聴いてくれた人達の反応も違っていて、“6曲全部いいよ!”って言ってくれる方もいたり、“これが好き”ってお気に入りを見つけてくれる人もいて。改めて、いろんな曲調を作れてよかったと思います。

前田:そういえば、『Mine.』発売記念ライブで、6つの公約を掲げましたよね。「体を柔らかくする」「レシピを見ないで作れる料理のレパートリーを増やす」「インスタ47都道府県ライブをする」などありましたが、現状はいかがですか? 頑張ってる(笑)?

井上:いくつかはもうすでに頑張り始めてます!体は本当に柔らかくしたくて、体が硬いせいもあって肩も腰もコリやすくて。最近は肩と腰のコリが顎にも響いて顎関節症だって診断されたんです。

前田:それは心配!ギターの重さも関係あるんじゃないですか?

井上:それもあるんですけど、なんだろう? コリすぎて骨がゆがんでるのかなぁ(苦笑)。ストレッチして体をほぐしてあげて、ケアしなきゃって思ってます。……というか20歳でこんな話してる私って何なん?って自分でも思います(笑)。

BIGSTEPは私のライブの原点
辛いことも嬉しいこともたくさんあった場所

画像1: BIGSTEPは私のライブの原点 辛いことも嬉しいこともたくさんあった場所

前田:今回はタイムテーブルの表紙に登場していただきますが、これまでにも雑誌やミュージックビデオ、CDのジャケットなどたくさんの撮影を経験されていますね。

井上:はい。緊張はしないけど、撮影の時はいつも“いい顔で笑えてるかな”とか“これで大丈夫かな”と思っていて。自分では笑ってるんですけど、“もっといい感じの顔にしないと”と気にしながらも、見た人にはそう気付かせないぐらいのシュッとした笑顔でできたらいいなって(笑)。撮影のたびに思うんですけど、モデルさんって本当にすごいですよね。それに表紙って、実物を見ないと実感が湧かなくて、実物を見ても“これは私の手元にしか届いてないんじゃないかな”って思ったりして(笑)。

前田:今回撮影を行ったBIGSTEPは苑ちゃんにとって思い出深い場所ですよね。

井上:そうです! 私が路上ライブを始めた場所なんですけど、最近すごく変わりましたよね。大きな木があって外観もおしゃれになったし、私がライブをやっていた頃はクリスマスの時期はツリーがあったけどふだんは何もなかったんです。特に思い出に残っているのは、STARBUCKS COFFEEができた時にちょうど路上ライブをやっていて、終わった時にお店の方が“よかったら飲んでください”って試飲のコーヒーを持ってきてくれて。すごく嬉しかったですね。“ああ、こうやって聴いてくれている人がいるんやなぁ”って。路上ライブは、距離が近い分みなさんから応援してもらえていることが直に伝わるし、辛いことももちろんあるけどそれ以上に嬉しいことがたくさんある。BIGSTEPは私がライブを始めた原点の場所でもあるし、中学の時に大阪に住んでいた頃も放課後はずっとアメ村周辺で遊んでいたので、本当に思い出深い場所ですね。

前田:夏も近づいてきましたが、今年の夏挑戦してみたいことはありますか?

井上:やってみたいことはいっぱいあって、まずはサバイバルゲームがしたいです!ゲームじゃなくてリアルなヤツを体験できる場所がありますよね?そこに行きたくて。最後までサバイブできる自信はないけど、すごく楽しめそうですよね。あとは、湧き水を飲みに行きたい(笑)。これまでの人生であまり自然とふれあってこなかったので、キャンプにも行きたいし、今流行りのグランピングもしてみたい。飯盒炊爨でカレーを作るのも楽しそう!小学校の時以来やってないですね。

前田:キャンプといえばカレーですよね。楽しそう!

井上:けど実際は、夏の暑い時にアクティブに動き回るのは苦手で、夏は完全に引きこもりなんです(苦笑)。“今日は最高気温30度かぁ。暑いなぁ”から始まって。“日差しが強いなぁ……、もう出かけないで家で曲作っていよう”ってなります(笑)。

前田:そうなんだ(笑)。夏はライブもたくさんあって、7月15日(日)心斎橋JANUSで開催される『未確認フェスティバル』に出演。そして、7月22日(日)は昨年に続いて『いのうえ夏祭り』が東京のSTUDIO COASTで開催されますね。

井上:はい。『いのうえ夏祭り』はゲストでSHE’Sさんに出ていただくんですけど、ライブは17時ぐらいから始まってSHE’Sさんとのコラボも企画しています。それまでの時間、昼間は野外のフリースペースを開放していて、誰でも参加できるイベントとか、かき氷の出店とか今いろいろ計画しているんです。私、ふだんからフィルムカメラで写真を撮るのが好きで、それを展示するスペースを作ったり、他にもこれまでやったことのない新しいことにも挑戦しようと思っています。野外は入場無料で誰でも参加できるのでたくさんの人に楽しんでもらえたらと思います。ホームページに詳しく載せているので是非チェックしてみてください。

前田:楽しみにしています。最後にみなさんにメッセージをお願いします。

井上:今回はタイムテーブルの表紙を飾ることができて嬉しいし、今回初めて私を知ってくれた人にもぜひ曲を聴いてもらえたら。ミニアルバム『Mine.』はいろんなタイプの6曲が入っているし、それ以外にもたくさんシングルもアルバムもあるので、ぜひ聴いてもらってライブに遊びに来てほしいです!

Text by 梶原有紀子
Photo by 渡邉一生(SLOT PHOTOGRAPHIC)


画像2: BIGSTEPは私のライブの原点 辛いことも嬉しいこともたくさんあった場所

■RELEASE INFORMATION
2nd Mini Album 「Mine.」発売中

■LIVE INFORMATION
「未確認フェスティバル」
2018年7月15日(日)大阪・Music Club JANUS

その他最新情報は井上苑子オフィシャルサイトをチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.