R45 ALL THAT 補足 (文&色えんぴつ画 柳田光司)

「R45オールザットらじヲ」を担当しています「柳田光司」です。

「柳田?誰やねん?お前?」というクレームを少しでも解消するため

「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

第37回「ふんどし ソング」(2018年7月13日 OA)

大人になれば「政治・経済」に詳しくなり…

ひと言モノ申す的なオッさんになるだろう!って 漠然と思っていました。

…でも、「新聞」や「週刊誌」の文体を読みこなすにはある程度の知識が必要。

で、手っ取り早く「池上彰さんの番組」を見るのが良いかなぁ~っと

安易な考えで数十本分の録画をコツコツと見ていたのですが…

なんか、それもしっくりいかなくて(汗)

で、無い知恵を絞って考えました。

「池上彰」さんから教わった「一夜漬けのペラペラな社会情勢」ベースに

プラス「その時代、時代の洋画」を観ることで、補えないだろうか?と。

池上さんの番組のテーマ案って ずっと定点観測すると…

結構、多そうに見えて…そんなに多くない。

年代ごとに絞ってみると「アメリカ大統領選挙」「ベトナム戦争」あたり。

あと国内ニュースを取り扱う時には「オイルショック」が頻繁に出てくる。

であれば、話は早い!私が愛してやまない「70年代 アメリカン活動写真」と併せて見れば 楽しくアメリカの社会情勢(の一部)が学べると思うんですよ!

ま、そんなことは ともかく…(笑)

明日からの三連休 ハズレなしの名画を お楽しみくださいませ!

(1)『突破口!』(1973年)

監督「ドン・シーゲル」

主演「ウォルター・マッソー」

(あらすじ)
小さな銀行ばかりを狙う強盗が、思わぬ大金をつかんだ事からはじまる物語。

(ひとこと)
観客の心を一秒たりともとらえて離さない職人監督の隠れた名作。ドル札回収人として登場する大柄の怪優「ジョー・ドン・ベイカー」に注目。

(2)『ロンゲスト・ヤード』(1974年)

監督「ロバート・アルドリッチ」

主演「バート・レイノルズ」

(あらすじ)
八百長疑惑で刑務所にぶち込まれた元プロフットボーラ―が率いる囚人と
刑務所所長の戦いがはじまった!

(ひとこと)
「ロバート・アルドリッチ監督は、優秀な漫才師だ!」がわたしの持論。
とにかく、“つかみ”が面白く“テンポ”もある。
何よりも、各シーン“予想を裏切る展開(ボケ)”で構築。
そのたび、観客がツッコでいく。最後の最後まで、引っ張り続ける。

(3)『フレンチ・コネクション』(1971年)

監督「ウィリアム・フリードキン」

主演「ジーン・ハックマン」

(あらすじ)巨大な麻薬密売組織を追う刑事の物語。

(ひとこと)まだこの映画を観ていない人はラッキー!
 2年後『エクソシスト』も手掛けるフリードキン監督の名作

(4)『フレンチ・コネクション2』(1975年)

(あらすじ)刑事ジミー・“ポパイ”ドイルが、フランスのマルセイユへ乗り込む。

(ひとこと)「映画のパート2」=「駄作」このイメージを覆す真の続編
 獲物を追う執念の男が、走る、走る、走る。傑作です

(5)『ローリング・サンダー』(1977年)

監督「ジョン・フリン」

主演「ウィリアム・ディヴェイン」

(あらすじ)

後遺症に悩むベトナム帰還兵の妻子を殺害された。男は、かつての相棒と共に復讐へ向かう。

(ひとこと)要約すれば、任侠映画。若いころの「トミー・リー・ジョーンズ」が好演。

ここにきて もう少しマイナーな作品がよかったかな?…といらぬ心配をしている私が、

「ふんどし ソング」で推薦したのは

≪マドンナ≫の『Hung Up(ハングアップ)』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?
気になる方は、ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組をお聞きください!

50歳を目前に、まさかのラジオデビューした私「柳田光司」宛の応援メール、ハガキ、郵便なんでも結構です。一行メッセージでもかまいません。必ず目を通させていただきます。
こちら「R45 ALL THAT 補足」も読んで下さいね~!

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、

7月20日(金曜日)夜9時から。

次週7月20日~8月31日まで、計7回にわたって特別企画でお送りします。そのタイトルは?
「イキりの瞳に 恋してる 2018」

初回となる 第一戦目の選曲テーマは「ドライブでいきり満開」

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。

谷口「わー、わー、言うてます!」

柳田「お時間です!」

2人「さようなら!」     …(つづく)

画像: ≪マドンナ≫の『Hung Up(ハングアップ)』です。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.