こちらのブログを見ながらオンエアをお聴きいただくと、
より番組を楽しむことができができます!

画像: 第15回【OH!てらさんぽ】

今回訪れたのは、京都市・右京区にあります!
『 大覚寺 』です!

画像: 大覚寺の玄関門。参拝はここからスタート! (写真は全て、特別な許可を得て撮影・使用しています。無断転載などは、ご遠慮ください。)

大覚寺の玄関門。参拝はここからスタート!
(写真は全て、特別な許可を得て撮影・使用しています。無断転載などは、ご遠慮ください。)

画像: 大本山大覚寺執行 草津栄晋様とツーショット

大本山大覚寺執行 草津栄晋様とツーショット

画像: 宸殿から見る中庭の景色です。

宸殿から見る中庭の景色です。

画像: 村雨の廊下。縦の柱を雨、直角に折れ曲がっている廊下を稲光に例えて作られています。 床は鶯張りでキュッキュッと音がするのです。

村雨の廊下。縦の柱を雨、直角に折れ曲がっている廊下を稲光に例えて作られています。
床は鶯張りでキュッキュッと音がするのです。

画像: 心経前殿

心経前殿

画像: 五大堂の前で、御朱印をいただき笑顔のももるん

五大堂の前で、御朱印をいただき笑顔のももるん

画像: 勅封心経殿。堂内には嵯峨天皇をはじめとした勅封心経が奉安されているそうです

勅封心経殿。堂内には嵯峨天皇をはじめとした勅封心経が奉安されているそうです

詳しくはホームページからも!

Ritsリポーター!

今現在、京都に住んでいる「若い目線のリアルな京都」も紹介します。
この番組でガッツリダッグを組ませていただいております!京都の「立命館大学」!!
そんな「立命館大学」の精鋭達をこの番組の「Ritsリポーター」として、
生の京都を紹介してくれるのが、
立命館大学 経営学部4回生「森下雄太」さんと、
立命館大学 経営学部4回生「近藤辰徳」さんです!

画像: Ritsリポーター!

京都ワンポイント情報!!

大覚寺から嵯峨嵐山駅に向かう途中にあります「嵯峨豆腐森嘉」!
こちらの創業は安政のころで、150年以上の歴史があります。
この界隈の湯豆腐屋の大半がここの豆腐を使っているそうで、
こだわりは材料の大豆と京都嵐山の地下水を使用!
オススメはお豆腐はもちろんですが「飛龍頭(ひろうす)」!にんじん、ごぼう、ユリ根に
銀杏といっぱいの具材のひろうすはその場で食べる方も多いそうです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.