画像: 9/7 MEGAアクティブ!

メニュー

気になるアクティビティや、今注目のイベント、役立つ便利グッズなど、
なんMEGA!チームが興味をもった情報についてレポートするコーナー
「MEGAアクティブ」
今回は、「一からラーメンを作ってみたい!」ということで・・・
インスタントラーメン発祥の地、大阪・池田市にある
カップヌードルミュージアム」に行ってきました!

館内に入ると・・・

インスタントラーメン誕生のエピソードや発展の歴史などを学べる展示コーナーや、
スープや具材をトッピングしてオリジナルのカップヌードルをつくれる
「マイカップヌードルファクトリー」や、
色んな種類のインスタントラーメンが買える「お土産SHOP」などがあります。

画像1: 館内に入ると・・・
画像2: 館内に入ると・・・
画像3: 館内に入ると・・・

「チキンラーメン」手作りしてきました!

チキンラーメンの手づくり体験ができる「チキンラーメンファクトリー」もあります。

広~い調理実習室のようなお部屋で、いくつかのテーブルにわかれて座り、
それぞれ用意されたエプロンと、ひよこちゃん柄のバンダナを身につけます。(体験時間は90分)

画像1: 「チキンラーメン」手作りしてきました!

ボウルに粉(小麦粉、卵の粉などがブレンドされている)を入れ、練り水(水、塩)を加えます。
指先ですばやく混ぜると、だんだんダマが。そのまま、どんどん混ぜる混ぜる混ぜる!!!
粉全体が薄黄色になるまで、とにかく混ぜま合わせ、そこからひとまとめにしていきます。
「すばやく、練って練って」とスタッフさんが優しく煽ってくれるんですが、
意外にしんどい・・・!

そうしてできた麺を型につめ、やっと160度の油のなかへ。
これは危険かつ難しいのでスタッフさんがしてくれます。ジュワーと油のなかで麺がきつね色に。これが安藤さんが発明した当初から行われている「瞬間油熱乾燥法」です。
生で見ると迫力ありました!そしてデザインした袋にできあがった麺をパッケージしてもらい完成。

画像2: 「チキンラーメン」手作りしてきました!

「オリジナルカップヌードル」も作ってきました!

画像1: 「オリジナルカップヌードル」も作ってきました!

まず、自動販売機で「カップ」を購入。(1食300円)カップを自分好みでデザインしたら、
スープを選びます。レギュラー(しょうゆ)、シーフード、カレー、チリトマトの
4種類から1つチョイス。次は、具材選び。窯で乾燥されたエビ、チャーシュー、チーズ、コーン
など12種類から4つチョイスできます。

画像2: 「オリジナルカップヌードル」も作ってきました!

これに蓋をつけフィルムで包装し、
最後に、エアパッケージの中に「マイカップヌードル」を封じ込めて完成!

画像3: 「オリジナルカップヌードル」も作ってきました!
画像4: 「オリジナルカップヌードル」も作ってきました!

ADゆかが選んだのは・・・
スープ:カレー  具材:ひよこちゃんナルト ×1・特選具材×3(今は旨味チャーシュー)

コウイチロウが選んだのは・・・
スープ:チリトマト  具材:ひよこちゃんナルト ×1・チーズ×1・コーン×1

彩名さんにも食べていただきましたが、
「美味しいやん!!!」 と言っていただきました!よかった~~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「カップヌードルミュージアム」は、阪急電鉄宝塚線池田駅から南へ徒歩5分。
「麺ロード」と名づけられた道をまっすぐ行ったところにあります!
火曜日は休館となっていますのでご注意ください。

HP(https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/osaka_ikeda/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.