万葉集にも詠われ、平安の絵師・巨勢金岡があまりの美しさに、描くのをあきらめたと伝えられているのが、近江八幡市にある「水茎の岡」。
この琵琶湖畔の景勝の地にちなんで始まった焼物「水茎焼」の、年に一度の大感謝祭「大掘出物市」が、2月22日(金)〜3月10日(日)の毎日朝9時〜夕方6時まで、水茎焼陶芸の里で開催されます。
プレゼントには向かない、少々難有りのB級品ではありますが、人気の「パールピンク」シリーズや「地中海ブルー」シリーズなど、通常販売価格の半額となるのはうれしいですね。
水曜定休です。詳しくは、 水茎焼のホームページをご覧下さい。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.