今回のテーマは「頭が痛いこと」。
年度末ということで、いろんなことに頭を悩ませる人が多いのではないかということで
ちょっとイレギュラーなテーマを掲げてみました。
そこで今回取り上げる札所は、頭痛封じで有名な第15番札所の「今熊野観音寺」。
当番組の登場回数ナンバーワンの住職、福耳の藤田さんがいる札所です。
「今熊野観音寺」は、皇室ゆかりの「泉涌寺」の塔頭。
泉涌寺の総門をくぐり鳥居橋を渡った先にあります。
平安前期に嵯峨天皇の勅願で弘法大師・空海が開創。
秘仏のご本尊は十一面観世音菩薩で、弘法大師が作ったといわれています。
脇に不動明王、毘沙門天を配しているんですよ。
頭痛封じのいわれは、寺の隆盛に貢献した後白河法皇が頭痛持ちで、日々治るよう祈願していたら、
夢枕にご本尊が現れ、そこから頭痛が治ったから。
お守りのなかにも枕カバーがあり、枕につけて寝ると頭がよくなるそう。
頭痛封じだけでなく、太子堂前に立つ観音様は「ぼけ封じ観音」といわれ、
ボケ防止を祈願しにくる人が多いんですよ。
「今熊野観音寺」は桜や紅葉も見事ですが、2月は梅も見ごろ。
本堂の前に大きなしだれ梅があります。
拝観時間は朝8時から夕方5時、
拝観料はなく、境内は自由にお参りできます。
電車のアクセスは京都駅から市バス208系統でおよそ15分、
泉涌寺道下車徒歩10分、またはJR・京阪東福寺駅から徒歩15分。
車でのアクセスは、阪神高速京都線鴨川西出口から国道24・府道143号を東山五条方面へおよそ2㎞。駐車場は10台あります。
去年は特別に毎月18日にご開帳していましたが、2019年は毎月会えないとのこと。
今年の特別公開は4月13日~21日と秋のお彼岸の時期になりますので、
去年見逃した方は、このタイミングでお参りに行ってみてくださいね。

画像: 2019年2月17日放送分【今熊野観音寺編】
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.