画像: 学ラジ第七章 Podcast VOL.46

第46回:もうすぐ卒業、1年間を振り返って。
「ウィーアー・マッドサイエンティスツ」  2019/0216/OA

脚本:濱重朋央

出演:博士/濱重朋央・助手/中島康希 

SE: C.I.―(研究所雰囲気)

博士: あーまずい。これは非常にまずい………。

助手: 博士! 昨日の実験の結果ですが………、

    ってどうしました博士? 暗い顔してますね。

博士: あぁ、助手か。

    実は私、すごく太っちゃったんだ………。

NA: 学ラジ・ショートストーリー「ウィーアー・マッドサイエンティスツ」

NA: ここは、学ラジ科学研究所。

    自称、稀代の天才科学者である博士とその助手

    が、日夜よくわからない怪しい研究を行なって

    いる施設です。

助手: はぁ、太った………。

    博士のくせにそういうの気にするんですね。    

博士: うるさい! とにかく私は落ち込んでるんだ。

    助手なら慰めろ!

助手: えー鬱陶しいなぁ。あ、でも大丈夫ですよ!

    私、カロリーをマイナスにできる粉を発明したんです!

博士: なんだって? 

助手: 使い方は簡単! 食べ物に振りかけるだけ!

    好きなだけ食べても痩せることができますよ!

博士: えー!? 振りかけるだけ!?

    でもさぁそれって本当に効くのぉー?

助手: 試してみますぅ?

博士: え、う、うん………。

SE: ―C.O.(研究所雰囲気)

SE: C.I.―(場転音)

助手: 博士! できましたよ! カツカレー!

博士: ありがとう! うわー美味しそう。

助手: さぁ、およそ1000キロカロリーのこの

    カツカレー、こちらにこのカロリーが

    マイナスになる粉を振りかけまーす。

SE: C.I.―(振りかける音)

博士: おー、あー、へー、あ、結構かけるんだね。

助手: はい! さ、どうぞ召し上がれ!

博士: じゃあ、いただきまーす。

    ………うん、味は普通のカツカレ………!!

    う………、こ、こ、これは!!

SE: C.I.―(不気味な雰囲気)

博士: 助手、これは、まさか………!!

助手: ふふふ、やっと気付きましたか。

SE: ―C.O.(不気味な雰囲気)

博士: これ食べれば食べるほどお腹が減っていくよ!?

助手: だから言ったでしょ。カロリーをマイナスに

    するって。博士は今、カロリーをむしろ消費

    してる状態です。

    ふふふ、私の計算では………、

博士: (食い気味)ちょっと待ってちょっと待って、

    これってさ、実験とかはしたの?

助手: いや、だから今………。

博士: あー………。オッケー続けよう!!

    どんどん食べちゃう!!

助手: さすが博士、マッドサイエンティストォォ!!

ENDTM~END NA~提供クレジット

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.