画像: 船で川体験!御舟かもめでクルーズしてきました〜!(後半)

今回も前回に引き続き「御舟かもめ」で大阪の川をクルーズ!
堺出身の松優が「初めてみる景色ばっかり」という驚きいっぱいの50分間の船旅です。
U.K.いわく「ディープ大阪」こと、道頓堀から住之江の方へ船は進んでいきますが、
なんと、少し天気が怪しくなってきました!!…持ちこたえてくれるんでしょうか!?

前回の内容はコチラ

ガイドをしてもらいつつ大阪の街をクルーズ!

画像1: ガイドをしてもらいつつ大阪の街をクルーズ!

「この辺りで映画ブラック・レインのロケが行われたんですよ〜」など
ポイントで豆情報を教えてくれる船長さん。大阪の様々な一面を知ることができます。

画像2: ガイドをしてもらいつつ大阪の街をクルーズ!

雲行きがだんだん怪しくなる中、船は木津川水門にさしかかりました。その独特な形状に驚く二人。この緑色のアーチ部分が手前方向に90度倒れて川を塞ぐことで、大阪湾からの高潮をせき止める日本に3門しかないバイザゲートという仕組みの貴重な水門で、マニアの方に人気の場所だそうです。

めがね橋が見えてきました!

画像1: めがね橋が見えてきました!

この千本松大橋は、船が安全に航行できるよう水面から33mの高さに作られた橋で、両岸が2段のらせん状になっているため"めがね橋"の愛称で親しまれています。
「ちっちゃい頃、IKEAに行く時に通ってました。このくるくるが大好きでした!」と松優。その発言を聞いて「僕はIKEAができたとき、もうおっさんでしたね」と歳の差を感じるU.K.・・(笑)

下から見るのは初めてで、こんなに大きかったんだ!とただただ感心する松優と、感慨深い様子で「生きていくのに、上から目線って幸せですけれど・・下から目線もいいね!なんだか、いろんな考え方が増えていきますよね・・」と呟くU.K.も対照的でした。

画像2: めがね橋が見えてきました!

インスタグラマー松優は何を撮っていたんでしょうか??
海に近づくにつれ、景色に工場や倉庫が増えてきて普段目にすることのない大阪を見ることができます。しかし、この後いよいよ雨がふってきてしまい一同は室内へ避難!

船長の中野さんにお話を伺いました

画像1: 船長の中野さんにお話を伺いました

船長はU.K.が「船にその人柄が現れているね」と言った通り、温かみがありほっこりした雰囲気を醸し出す中野さんです。

この船は元々何に使われていたんでですか?との質問に、「熊本の天草の海で真珠の養殖の作業に使われていた船です。この長さに対して、幅が広いんですね。上で昼寝ができるような船が造りたかったので、この形の船を探して大阪に持って帰ってこしらえました」と大切な船に対する拘りがちらり。

大阪の川の見どころについては、あちこちに川が通っているので、船から見ることで普段見慣れている街の景色が全然違って見えて、それが癒やしになると仰っていました。元NHKのTV制作をされていたという驚きの経歴を持つ船長さん。この世界に入った理由は、大阪の川が魅力的で、川でもっと大阪の人が遊ばないともったいないと思ったから、だそう。大阪の川の魅力を知り尽くした船長さんの案内で、乗船した方もその虜になること間違いなしですね!

ファレル・ウィリアムスの『Happy』を、先日家族で演奏したという仲良し家族で楽しそうな船長さん。「御舟かもめ」がアットホームな雰囲気なのにも納得です。

画像2: 船長の中野さんにお話を伺いました

最後に・・・なんとこの日は船から下りた途端、さっきまでの悪天候が嘘のようにピーカンの天気になりました。
あまりのオチに「なんじゃそりゃー!」と雄叫びを挙げたU.K.なのでありました。

美味しい朝ごはんを食べながらの朝食クルーズや、お茶会クルーズなど楽しいイベントもたくさん企画されています。桜の季節は人気ですが、スポットで空いていたりもするのでホームページをチェックしてみてください。(乗船には予約が必要です)

御舟かもめ
●湊町 船着場
近鉄・地下鉄「なんば駅」26-C出口から徒歩3分
●八軒家浜 船着場
京阪「天満橋駅」改札階17番、18番出口すぐ
※便により乗り場が異なりますのでご注意ください。
TEL:050-3736-6333

毎週土曜日19:30~19:55の「オシャレパッソでドコ行こう?!」をお聴き逃しなく~!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.