画像: 5月4日放送 人生を面白がる

今週の【ロミさんのフィールグッドな言葉】

<人生を面白がる>

昨年、旅立たれた樹木希林さんの言葉集にありました。
「人生を面白がって生きる」

人生は真面目に取り組むもの、とは思いますが、面白がる、とはあまり意識していませんでした。
改めて見直してみたら、「面白がる」ってなんだかしっくりきました。

面白がるとは、
不真面目でも無関心でもなく、偉そうに眺めてるのでもありません。
子どものように目をキラキラさせて好奇心いっぱいで、良し悪しを裁くのではなく、
素直に事態に向き合う感じがしてきます。

面白がるとは、
目の前の様々なことにも感情的に取り込まれることなく、一歩引いて全体を俯瞰して
眺められる。すると「あぁそういうこともあるな」と寛大な気持ちにもなります。
起こった出来事に一喜一憂するのではなくまるでテレビ画面の中だと思うと
余裕を持って対処できます。

私は常々「人生は楽しむもの」と思っています。それに「人生を面白がる」という
レパートリーが増えました。希林さん、感謝です。

今週の【ケーススタディ】

・趣味や勉強の時間を作りたいが、休むことを優先してしまう。
 どちらも充実させるには?(24歳 女性)

・休みの日は趣味に費やしている。妻は家族との時間を増やしてと怒り気味。
 平日は仕事を早めに切り上げ、家族との時間を増やしたり、
 趣味に参加するよう誘ったりと、努力はしているつもりだが・・・。(40代 男性)

一人の悩みに答えるだけではなく、それを一つの例として
あなたにも当てはまる解決方法として<考え方>をご紹介。
参考になりましたか?
皆さんも相談したいこと、何かありましたら番組までお送り下さい。

是非、radikoのタイムフリーを活用して、
もう一度チェックしてみて下さい!
そして、大切なお友達にもぜひSNS等でシェア・教えてあげてくださいね。
※一週間以内のみ聴取可能

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.