全国的にも珍しい農村舞台が多く現存する那賀町では、人形浄瑠璃や襖からくりなどの伝統芸能を上演し続けています。中でも拝宮の農村舞台は、昭和22年〜23年頃に、最後の人形浄瑠璃の公演が開催されましたが、平成3年6月に旧上那賀町の有形民俗文化財に指定。 平成16年に50年ぶりの復活公演を開催し注目を集めました。 ロケーション抜群の舞台で公演を見られるのはここだけです!

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.