鹿児島県の北部を流れる川内川の初夏の風物詩といえば「さつま町のホタル舟」。
さつま町は、蛍を町の昆虫に制定していて、「奥薩摩」といわれるこの地域では、 川内川の川岸に蛍の飛び交う様子を見ることができます。 川の上流から約2キロの流れを40分ほどかけて、 棹差し舟でゆったりと下りながら情緒たっぷりの世界に酔いしれてください。 完全予約制ではありますが、ゆっくりと水のせせらぎに耳を傾け、 自然のおりなす幻想的な光景を目にすることは、特別な時間になると思います!

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.