画像: 第18番札所 紫雲山 頂法寺(六角堂)をご紹介しました

ジューン・ブライドにあやかって、今週のテーマは「縁結び」をピックアップ!
”縁結びの柳”と呼ばれる柳のある、第18番札所「紫雲山 頂法寺(六角堂)」さんをご紹介しました。
その前に、仏前式なども聞けて朝から勉強になりました。結婚式もとても多様化しているんですね。

さて、きよぴーのお母さんも頻繁に参拝されているという六角堂さんですが、
縁結びの柳の伝説はとっても不思議ですよね~。
柳の枝を2本手繰り寄せておみくじを結ぶとご利益があるそうですよ。

飛鳥時代、587年に聖徳太子の念持仏であった如意輪観音さんがご本尊なのだそう。
聖徳太子に仕えていた小野妹子が、池のほとり(現在の池坊会館)に宿坊を構え、本尊にお花を
供えていたのが、いけばなの始まりなんだそうです。それがかの有名な”華道池坊”に!
なので、池坊のお家元が代々住職を務めていて、いけばなはもちろん、さまざまな
技芸上達のご利益を求めて、全国から参拝に訪れる人がいらっしゃるそうですよ。

また、かつて京都の中心だったことを表す「へそ石」も必見です(柳の下にあります)。
へそ石餅や六角堂チョコレートも販売していますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

隣にあるスターバックスの入ったビルは、西国18番札所が名前の由来だという「WEST18」。
このエレベーターからは、写真のような見事な六角形のお堂の屋根を見ることができます。
番組スタッフも以前参拝した際に、上がって見てきましたよ。皆さんもぜひ!

番組では【SOU・SOU】とコラボした御朱印帳入れバッグを毎週3名様にプレゼントしています。
質問やメッセージも随時募集していますので、ぜひお送りくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.