今日は、マンガに関するイベントをご紹介します。

▶COBRA原画展~COBRA大解剖 新装版 発売記念~

まずは、男子を中心にハードボイルドな世界観が大人気のマンガに関するイベントです。

1978年に連載開始。
作者の寺沢武一が描く日本離れしたハードボイルドな作画が、世の少年たちを熱くしたSFアクションマンガ「コブラ」。

これまで、何度となくアニメ化されていることから、ご存知の方も多いかと思いますが、この「コブラ」の原画展が、現在、心斎橋のBIG STEPにある墓場の画廊ウエストで開催されています。

この原画展は、「コブラ大解剖 新装版」という本が発売されるのを記念して開催されているのですが、まず、この「コブラ大解剖」という本は、2015年に1度発売されているんです。
しかし、ただ新装版になっただけではありません。 新たな表紙ビジュアル・カラーイラストに加え、なんと、人気キャラクター「クリスタルボーイ」が初登場した回の初期短編が発見されたということで、原画の状態で30ページ。完全収録されているんです。

そんな本の発売を記念して開催される原画展ですが、そもそも、関西で寺沢武一さんの原画展が開催されるのが初めてなんです。
原画の複製画購入できるのはもちろん、新作アパレルやグッズ、激ヤバなソフビなどコブラグッズが多数あり、ファンならば、そして、すべて購入したくなること間違いなしです。

長きにわたって多くの人を魅了し続ける「コブラ」。
あなたも、その左手のサイコガンから放たれる魅力に撃ち抜かれてください。

「COBRA原画展~COBRA大解剖 新装版 発売記念~」は、あさって6/23(日)まで、心斎橋のBIG STEP3階にある墓場の画廊ウエストで開催されています。

COBRA原画展~COBRA大解剖 新装版 発売記念~
http://hakabanogarou.jp/west/5135/

=================================

▶カードキャプターさくら展 ー魔法にかけられた美術館ー

続いては、女子を中心に幅広い世代に愛されるマンガに関するイベントです。

1996年から2000年にかけて月刊少女まんが誌『なかよし』で連載され、2016年には16年ぶりに「クリアカード編」の連載が開始。
昨年にはアニメの新シリーズが放送され大反響を呼ぶなど、長年に渡り愛されているマンガ「カードキャプターさくら」。

この「カードキャプターさくら」に関する展覧会が現在、ひらかたパークで開催されています。
この展覧会は、昨年10月から今年の1月まで東京で開催されていたもので、貴重な複製原画の展示をはじめ「カードキャプターさくら」の世界観を体感できる展覧会となっています。

が!大阪会場では新たな要素が加わっています。
原作者のCLAMP先生が描き下ろしたイラストが追加されるほか、一緒に写真が撮れるフォトスポットも新設されます。
さらに、人気の高いキャラクター「ケロちゃん」の「ケロちゃんボールプール」も新たに登場するほか、巨大なケロちゃんを展示する「大なケロちゃん」では、巨大たこ焼きのプロップスがお目見えするなど、大阪ならではの展示がたくさん追加されています。

はじまりの書庫という展示では「カードキャプターさくら」の魅力を様々な角度で紹介しているので、作品を初めて知るという方も、さくらの世界をじっくり読んで楽しむことができますよ。

「カードキャプターさくら展 ー魔法にかけられた美術館ー」は、9/15(日)まで、ひらかたパークで開催されています。
会期が前半と後半に分かれていて、前期は7月31日(水)までになります。

カードキャプターさくら展 ー魔法にかけられた美術館ー
http://ccsakura-official.com/ccsakuraten/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.