画像1: RADIO TEST DRIVE/今井優杏さんによるトヨタの新型SUV「RAV4」の試乗インプレッション後編

前回に引き続き今井優杏さんによるトヨタの新型SUV「RAV4」の試乗インプレッションを
お送りします。今回は、家族など大切な方を乗せて安心して走れる車としての安全装備に着
目してお届けします。

画像2: RADIO TEST DRIVE/今井優杏さんによるトヨタの新型SUV「RAV4」の試乗インプレッション後編

試乗した新型RAV4はこちら
■タイプ:Adventure(アドベンチャー) TRDパーツ装着車
■総排気量:2.0L
■駆動方式:4WD
■乗車定員:5人乗り
■トランスミッション:Direct Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機)

今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

画像1: 今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

今回も助手席に乗っていただいたのはトヨタカローラ南海金岡店のアドバイザー、兼藤 有
正さん。
阪神高速湾岸線に乗り三宝から尼崎へ向かいます。

画像2: 今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

「あ、これええやん、今何キロで走ったらええのかっていうのがメーター見ればわかる!」
とは阪神高速湾岸線を走りながらメーターを見た今井優杏さんの言葉ですが、どういうこと
かと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?この写真を見ていただけるとわかりま
すが、なんとメータークラスターの中に道路標識の速度表示が反映されています。速度だけ
ではなく、進入禁止なども表示されることに今井さんは「かしこ!(賢い)」と驚嘆!

画像3: 今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

「こうやってチカチカって教えてくれたら、本当に自分の知らない死角を教えてくれるから
安心できる!」と今井さんがコメントしたブラインドスポットモニター。
斜め後ろから車が近づいてきたら、サイドミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯し
ます。

画像4: 今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

「心強い!」「頼りがいがある!」と今井さん絶賛のヘルプネットボタン。RAV4は今回、
コネクティッドカーとして新しい世代のトヨタ車に生まれ変わり、24時間365日オペレー
ターサービスやエージェントとつながることができるようになりました。

具体的には、ルームランプの近くにある救急車のイラストのついたヘルプネットボタンを押
すとすぐにヘルプネットセンターと回線がつながり話すことができるというものです。
「すごい早かったですよね!かかるの、30秒くらいじゃないですか?」とそのコネクトの
速さに今井さんも驚いていました。「いつ誰に訪れるかわからないからね」と、今井さんも
納得のもしも、の際の備えです。

画像5: 今回はRAV4で阪神高速湾岸線を走りました。

今井優杏の今回の「RAV4」おすすめポイント3点

画像: 今井優杏の今回の「RAV4」 おすすめポイント3点

.制限速度や進入禁止がメーターを見ればわかる〈ロードサインアシスト〉

2.サイドミラーに後側方エリアに車両が存在するこを表示する〈ブラインドスポットモニター〉

3.緊急時にはボタンひとつで24時間365日オペレーターサービスやエージェントとつながることができる<サポトヨの緊急ボタン>

これからもカタログやWEBだけではわからない車の魅力をどんどんお伝えしていきます。
色々な車が登場いたしますのでご期待ください。次週は走りたくなるクルマが登場予定です
のでお楽しみに!

毎週土曜日19:30~19:55の「RADIO TEST DRIVE」をお聴き逃しなく~!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.