今日は、未来を感じられるイベントを2つご紹介します。

▶チームラボ 学ぶ!未来の遊園地

まずは、楽しみながら学ぶことができる!そんな大人気のイベントです。

アート集団「チームラボ」が開催する、共同的な創造性のための教育的なプロジェクトであり、実験的な場である「学ぶ!未来の遊園地」。
これまで、日本だけでなく、台湾、タイ、中国、アメリカ、インドネシア、南アフリカなど海外でも開催されているので、名前ぐらいは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

そんな「学ぶ!未来の遊園地」が現在、阪急うめだ本店で開催されているのはご存知ですか?
今回は、「学ぶ!未来の遊園地」の中でも、3つの作品が展示されています。

まずは、部屋の中にあるボールを転がすと、音が鳴り、ボールの色が変化する。
そんな不思議な空間の中で、身体全体を使いながら、音楽を自由に奏でることができる「光のボールでオーケストラ」。

壁に映し出された山や木の形をした象形文字に触れると、その文字がもつ世界が表れ、ほかの体験者が呼び出した世界と、お互いに影響を与えながら新たな物語を創っていくという「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」。

紙に自由に描いた魚の絵が、泳ぎ出すという「お絵かき水族館」。

この3つが展示され。子供たちに不思議で、でもすごく未来を感じる、そんな世界を見せてくれます。

また、今回は、「お絵かき水族館」で描いた絵のオリジナル缶バッジをその場で作る「缶バッジファクトリー」も開催されるので、お土産にも最適ですね!

子供の知的好奇心を刺激して、未来への想像を膨らませてみてはいかがですか?

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、8/21(水)まで、阪急うめだ本店9階 阪急うめだホールで開催されています。

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地
https://futurepark.teamlab.art/

=================================

▶THE ドラえもん展 OSAKA 2019

続いては、22世紀の未来からやってきた、みんな大好き猫型ロボットに関するイベントです。

世代を超えて愛され続ける、未来からやってきたロボットといえば・・・そう、「ドラえもん」です。

そんな「ドラえもん」をテーマに、日本を代表する現代アーティストたちが、
世界にひとつだけの新しいアート作品を披露する『THE ドラえもん展 OSAKA 2019』が、現在、大阪文化館・天保山で開催されています。

この展覧会では、奈良美智さんや、蜷川実花さん、増田セバスチャンさんなど、
28組のアーティストが、愛すべきドラえもんワールドに触発され制作した作品を出展していて、例えば、増田セバスチャンさんはカラフルな巨大ぬいぐるみを制作するなど、絵画や彫刻、写真、アニメーション、ぬいぐるみなどさまざまな技法で、思い思いの「ドラえもん」を表現しています。

また、この展覧会は全国を巡回していて、これまでに東京、高岡、名古屋の会場を回ってきたのですが、大阪会場では新しいグッズも登場します。
ドラえもん好き以外の方も思わず欲しくなるおしゃれなグッズが揃っていますよ。

さらに、併設のカフェではコラボメニューも提供されているので、見て、買って、味わってあなた好みの楽しみ方ができますよ。

藤子・F・不二雄さんが作り上げた世界を、現代のトップクリエイターたちが彩る。
そんな、みんな知っているんだけど、でもいつもと違う、そんな新しいドラえもんに出会いに行きませんか?

「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」は、9/23(月・祝)まで、海遊館の横にある大阪文化館・天保山で開催されています。

THE ドラえもん展 OSAKA 2019
http://thedoraemontentokyo2017.jp/osaka.html

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.