今夜最終回!家づくりのプロ、瀬山さんがいいたかったこと!

画像: リスナーのみなさん1年間ありがとうございました!

リスナーのみなさん1年間ありがとうございました!

絶対すぐにできる賢いお金の節約術

まずは、「格安SIM」
みさきんぐも、すぐやってたね。
家族全員でやれば、10,000円くらい浮くよ。大きい!!
デメリットは、キャリアメールが使えなくなるけど最近みんなLINEとかであまりつかわない?。
やり方が分からないっていう人多いけど、youtubeに全部動画で載ってるからわかりやすいよ。

・ふるさと納税
年収500万円なら、年12,000円分の特産品がタダでもらえるイメージ。
年収高ければ高い程たくさん得。
申請方法よく分からないってひといるけど、これもyoutubeに全部載ってるから!
やらないとホント損。

・保険見直し
日本人は保険かけすぎ。と瀬山さん。
<不要、削減>
運用型の保険→不要。効率が悪すぎる。学資保険など。
医療保険→数百万円の現金が手元にあれば、不要。
生命保険→掛け過ぎの人多い。住宅ローンと二重の人も。
<必要>
火災保険→期限切れで更新していない人多い。
事故賠償責任保険→自転車事故やこどもの器物破損
・医療費控除
年間10万円以上の医療費が、所得控除される。
病院だけではなく、病院への交通費や薬代も対象なので、必ずレシートを取っておこう。

・投資は場合による
NISA→投資初心者には向いているが、元本が少なければあまい人生に影響はない。
IDECO→目先では得だけど、60歳まで下せず、年金受け取り時に課税される。
ロボット投資→元本が少ないとあまり意味ない。まずは稼いで、元本増やそう。

お家の話: 家は食べ物と同じ主義

お家のプロ瀬山さんが、みんなのお家の疑問に答えるコーナー。
結論から言うと、「家の良し悪しは健康に左右される!」ってこと。
家は食べ物と同じってこと。うん、わかりやすい。
食べるものって健康に左右されたり、病気になりやすい体質になったりしますよね。
かといってジャンクフードとか、健康に気にせず食べていても普段の生活には影響されない。
でも何年か先にとか、知らず知らずのうちに現れてくる。
家も同じと瀬山さん。
瀬山さんは、一番大事なのは睡眠と。寝るときはほぼ家にいいますからね。
家の中で空気吸いますよね。空気の質ってすごく大事。
酸素が足りているのか。ホコリが充満していないのか。空気が流れているか。
これってすごく健康に影響されますよね。確かに!

家にお金かけすぎんな!

食べ物も食べたら排泄するだけだから資産にはならない。
家も同じ。時間とともに価値が下がっていくだけですよね。
どうせお金をかけるならさっき言ってたように健康に配慮した
家づくりの質を担保してほしいと瀬山さん。
それも、かけすぎはよくない。
先週の「ちょうどいい塩梅主義」(80%ぐらい)で
「断熱」「気密」「窓」「換気」に配慮してほしいという話。
続きは、ぜひタイムフリーで!

命を守る!

■不慮の事故
・交通事故(池袋事故):年間3,500人が死亡。
自転車に乗るときは、こどもたちにヘルメット着用を。
安全運転はもちろん、他の車を信用しない。
■自殺
年間20,000人が死亡。10代から40代前半の死因No.1。
うつ病は心の風邪。治療が必要。
■がん
・胃がん対策:年間50,000人が死亡。
ピロリ菌検査・除去で、かなりリスクは抑えられる。
■ヒートショック
年間10,000人以上死亡と推測
若者も意外に多く、死因は布団の中で。
家を建てる時は、窓・断熱・気密・換気を絶対に抑える。
リフォームするなら、まず窓から。
エアコンは、ケチらず使う。
白い息を吐きながら寝るとか、絶対にやめて。

せやま学校 家づくりセミナーはこちらをチェック!

これから家を建てたい、もっと教えてほしい
という方にセミナーのご案内です♪
詳しくはこちらをチェック!
http://sumainogakkou.com/
本日のオンエアはradikoのタイムフリーで
お楽しみいただけます!
http://radiko.jp/share/?sid=FMO&t=20190827190000
過去の番組アーカイブ【YOUTUBE】も
ご覧ください♪
https://www.youtube.com/channel/UCOBzRz85th3Rd7X3Hr398-Q/videos?view_as=subscriber
moto(@moto_recruit)
https://twitter.com/moto_recruit
瀬山彰(@penta8786)
https://twitter.com/penta8786
三崎智子(@misaki_rock)
https://twitter.com/misaki_rock

1年間ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.