毎年10月9日~11日の3日間、金刀比羅宮の1年で最も重要な「例大祭」が行われます。
大祭は、9日夕方4時からの「宵宮祭」から始まります。
10日は夜9時から御神幸の神事が行われ、男女2名ずつの「お頭人さん」、 神馬1頭、神職、巫女、舞人、伶人、五人百姓、庄官など、総勢約500名の平安絵巻さながらの神輿行列が、御本宮から御旅所までの間で繰り広げられます。
御神幸の歴史は古く、江戸時代以前より今に続いているといわれています。
琴平では古くから「おさがり」と呼ばれ、沿道は数万人の参拝者や見物客で賑わいます。
詳しくは、金刀比羅宮のホームページをご覧下さい。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.