「ジェットストリーム」の初代ナレーターを思わせるマイルドトーンの語り部・坂田文保が綴るラオスへの旅。

ニューヨークタイムズで”世界で1番行きたい国”に選ばれた「ラオス」。でも、その「ラオス」の魅力を体感した日本人は少ないようです。
壮大な滝、安らぐ温泉、神秘的な洞窟、絶景の山並みといった自然、食、遺跡の数々・・・抱えきれない「ラオス」の魅力を毎回1つのテーマに絞り語り部が綴っていきます。
知られざる、知らなさすぎる「ラオス」の魅力に、きっと、耳からもウロコがこぼれることでしょう。

さあ、日本人が失った”のんびりする時間”を体感しに「歴史的王朝 ラオス」の旅へと
出かけましょう!!

番組概要

『歴史的王朝 ラオスへの旅』

<放送日時>
毎月第3日曜日 午前10時55分~11時(5分番組)
・・・1回目:10月20日(日)オンエア!

<語り部>
坂田文保((国有)ラオス航空 新規国際事業開発本部長)

画像: 坂田文保

坂田文保

ラオスのご紹介

画像: タード サイ滝

タード サイ滝

ヴィエンチャンから東に2時間ほどのところにあるボリカムサイ州にある8段の大滝

画像: ラ・グランデ ホテル

ラ・グランデ ホテル

メコン河の西沿岸の港町バークベン市、超高台にあるラ・グランデ ホテル。
全てが個室コッテージ風の部屋で、キングサイズベッド、湯舟もあります。
プール、ワインセラー、バー、レストランもあり、メコン河の絶景を朝日・夕日を含め
一日中堪能できます。

画像1: ラオスのご紹介

ラオスのご紹介

蒸したもち米を串刺しにし、魚醤、卵黄を塗って炭火で焼いた絶品スナック。

画像: クン・ワット・パワット

クン・ワット・パワット

今から約600年以上前に建立された寺院「クン・ワット・パワット」の仏像。
このお寺はヴェトナム戦争時に米軍の爆撃で崩壊されましたが、仏様は自らを完璧に守られました。現存している、シンクワン州の名所です。

画像2: ラオスのご紹介

ラオスのご紹介

2400年前から製造開始された岩壺の点在している平原。
この巨大な平原はシンクワン州に4か所現存しており、今年、ユネスコ世界遺産に登録されました。
岩坪は遺品の保存に使われ遺骨の上に置かれたと言われています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.