R45 ALL THAT 補足(文&写真 柳田光司)

「R45オールザットらじヲ supported by Joshin」を
担当しています「柳田光司」です。

「柳田?!? 誰やねん?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

先週からシーズン②「湊町(みなとまち)サウンドクリニック」が開業中。
一言でいえば…R45流の≪お悩み相談≫企画。
大阪市街で「悩み、怒りインタビュー取材」を敢行中。
もちろん、皆さまからの投稿メールも随時募集中です。

「オトナの女性」と「年齢だけムダに重ねている男」が、
≪しぶとく、カッコよく生き抜くためのヒント≫を勝手に処方中!

第107回「仕事や辞めて2年経ったが…(他)」(2019年11月15日OA)

1話から1回も欠かさず、
ずっーと見ていた連続テレビ小説『スカーレット』をバッサリと止めました。

前々から、「どうしょうかな?」「イライラするなぁ…」と
やめるきっかけを、ずっーと探していたんでしょうね。

映画や娯楽、その他バラエティ…その他「娯楽」が大好きな私ですが…
いくつかのルールを「観るときも」「創るときも」自身に課しています。

どんな規模でも、世に出す(公開する)となれば…なおさらです。

今回でいえば…ドラマの中に出てくる「ヒロインの家族」
…酒ばかり飲んで暴れる借金まみれの弱い父親(演:北村一輝)
…文句ばかりで何もしない妹・直子(演;桜庭ななみ)
…これら悪しき状態をひたすら耐える母親(演:富田靖子)を見るのが辛すぎた。

思い出すんですよね…
封印していた過去をね…(笑)

「…コレに似たような家族、コレに似た何とも言えない」気持ちを…
最終的には、『見るのや~めた!アホらしい!…スイッチOFFじゃ!』って。

例え、ドラマの中で演じているにせよ…気が滅入るんです。
(あくまでも)持論ですが…
「酒に呑まれるヤツ」が「許せない」んです。
わざわざ、不快な者に付き合うのも「いヤ!」なんです。

例え、それが…「父親」だろうが「脚本」であろうが…同じです。
酒に溺れ、外面がいい父親が…平気で長女(喜美子)の人生や夢をむしり取る。

お金を貯めて学校に通うという自力で掴もうとした夢を諦め、
大阪から信楽(滋賀県)に帰った喜美子の気持ちをまったく理解しない。

…挙句、怒鳴り、暴れ、開き直る。
相手に泣かれると…なんともいえない卑怯な表情をする。
「風俗嬢」と「それに集るヒモ」も同じ顔つきだったなぁ…って思い出します。

芸人やタレントやスタッフでも(ときどき)ドギつい最低、最悪の酒乱がいます。
必ず、愚痴るんです。
必ず、自分は正しいんです。
必ず、人生訓をたれるんです。

でも、悲しいかな「説得力」がゼロなんです。

当たり前です。酒に溺れ、酒に負け、酒を盾に勢いづくヤツなんて誰も相手にしません。
…中には、逮捕されたり解雇されても…まだ、懲りずに酒に溺れ、騒いでいる。

ああいう輩は、私、「人(ひと)」とは思わず…
「奴(やつ)」という認識です。

「酒を飲み、気が大きくなったり、へらへら気持ち良くなるのはわかりますが…
酒を飲んだから…暴言を吐いたり、腹を割ったり、傲慢になるヤツ」とは…
いっさい付き合うのが嫌なんです。時間の無駄なんです。勿体ないんです。

おそらく、ウチの実兄も同じ理由なのでしょうね。
実兄は、一滴も酒もビールも飲みません。
よほど、父親がトラウマなのでしょうね…。

あと、もうひとつ理由をあげると…
(母親役)の「富田靖子」さんの横顔が50代で亡くなった母親の目元を少し思い出すんです。

実兄が久しぶりに『朝ドラ:スカーレット』にハマった理由も「ソレ」らしい。

もっとも、これからのヒロイン(喜美子)が…
どのようにして「自分」の「やりたいこと」に専念し…
「人生を切り拓いて…?」いくのか…?? 気になりますが…仕方ない。

来年(2020年)は、大河ドラマ『麒麟がくる』に期待します!!

…で、こんな私が
≪仕事を辞めて2年経って…≫で処方したのは
「大橋歩夕(あゆる)」の『FLASH』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?気になる方は、
ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組を聞いて頂ければ…有難いです。

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、
2019年11月22日(金曜日)夜9時からお送りいたします。

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。
谷口「わー、わー、言うてます!」
柳田「お時間です!」
2人「さようなら!」     …(つづく)

画像: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2019年11月22日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.