画像: RADIO TEST DRIVE/今井優杏さんによるNew C-HR試乗インプレッション前編

今日は2019年最後の祝日「勤労感謝の日」皆様いかがお過ごしでしょうか?
勤労感謝の日は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日だそうです、
令和元年も残すところあと1ヶ月と少しとなりました。今日お休みの方も働いてらっしゃる方も、今年1年頑張ったみんなとそして自分を労いましょう!

さて今回今井さんにはマイナーチェンジ得てさらに魅力的になったトヨタ人気のSUV、C-HRに試乗していただきました。
助手席に乗っていただいたのはネッツトヨタ南海 かなおか店、アドバイザーの登川 優斗(とがわ ゆうと)さんです。

お二人には堺市の 「大泉緑地」 目の前にある「ネッツトヨタ南海 かなおか店」を出発、堺市の海側大浜公園へ走り2週に渡ってNew C-HRのインプレッションをお伝えします!

「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

画像1: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

■タイプ:C-HR G-T(オプション装着車)
■総排気量:1.2L
■駆動方式:2WD/4WD
■乗車定員:5人乗り
■トランスミッション:Super CVT-i(自動無段変速機)

マイナーチェンジで更に洗練され先進的なデザインになったフロント。バンパーの形状が進化し、フォグランプの位置が変わりました。

画像2: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像3: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像4: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

フロントデザインの進化に伴い、今まで前に付いていた流れるウインカー、シーケンシャルランプが後ろになりました。特に後続車から注目されるウインカーなので注目度アップです!

画像5: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像6: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像7: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

インテリアも質感が上がり高級感が増しています!
さらに自動ブレーキ機能などの安全装備もパワーアップしました!

画像8: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像9: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像10: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像11: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション
画像12: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

新型カローラから搭載され始めたディスプレイオーディオがNewC-HRには標準装備されています、見た目の先進性に加えスマートフォンのアプリと連携できるとい便利な機能が付いてます!

画像13: 「New C-HR」TESTDRIVEインプレッション

ただでさえ魅力的なデザインのNew C-HRですが、なんとGR SPORTも設定されています。さらに純正エアロやモデリスタ・TRDなどなど、豊富なオプションが選べるそうです!これはうれしい!

実はC-HRオーナーでもあるというアドバイザーの登川さん。よく狭いと思われるC-HRの室内ですが、身長178cmで体格の良いの登川さんも足を伸ばして寝ることができるそうです。
「助手席まで倒したら堺市場でちょっと大きめのサイズのマグロまで積める」とは今井さんの言葉です、C-HRは見た目はかっこいいけど室内が狭いのではと思っている方にはぜひお店で実際の広さ体感してください!

今井優杏の今回の「New C-HR」おすすめポイント

画像: 今井優杏の今回の「New C-HR」おすすめポイント

【デザイン】バンパー ライトの形状 フォグランプの位置が変わりウインカーポジションが上眉毛に!

【インテリア】コネクティッド機能対応のディスプレイオーディオ標準装備

【パフォーマンス】リアクロストラフィックオートブレーキ搭載 ※PAなどの駐車場からバックで出る際に左右のセンサーが働き ブレーキまでかける新機能

ヤッパリ「見た目」で選ばれる事の多いC-HR、オプションのエアロパーツが充実しているからオリジナル感を出せる!

トヨタ南海グループYouTubeチャンネルのご紹介

これからもカタログやWEBだけではわからない車の魅力をどんどんお伝えしていきます。
色々な車が登場いたしますのでご期待ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.