画像: FM OH!の社会貢献活動2019年

「国立循環器病研究センター」と「「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」」にクリスマスプレゼントをお届け!

FM OH!は、2019年12月20日(金)に、大阪府吹田市にある「国立循環器病研究センター」と
「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」に、「有華」、「clearance(クリアランス)」、漫才コンビ「武者武者」、そしてFM OH!DJ「戸田柚葉」とともに訪問。音楽と笑顔のプレゼントとして、ミニライブを実施しました。

音楽を通じて「愛」や「つながり」を強く訴えてきたFM OH!では、2011年より、ご病気と闘われている患者さんとそのご家族の皆さん、そして特にクリスマスを病院で過ごしている子供たちに何かクリスマスプレゼントを届けたい、という想いからミニライブを企画。
今年度は、12月20日(金)に、訪問とライブを通じて、患者さんとそのご家族にすてきな音楽のプレゼントをお届けしました。

「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」

まずは、「国立循環器病研究センター」に隣接する「「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」」を訪問。病気のお子さんが入院中付き添いのご家族が遠方から来られた際に安く宿泊できるよう多くの方の寄付で設立されたこの施設をより多くの人に知ってもらうため、マネージャーの説明で館内を見学させていただきました。
そして、DJ戸田柚葉がFM OH!「なんMEGA!」に生中継で、実際に見学した感想などを交えてレポートした。
その後、施設の運営を支えるボランティアの方々に、クリスマスソングを披露したところ、ボランティアの方々も交えての大合唱となり、つかの間のクリスマス気分を満喫頂きました。

国立循環器病研究センター

「「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」」を後にした一行は、「国立循環器病研究センター」を訪問。センター内の講堂をお借りして、「有華」、「clearance」、「武者武者」の3組によるミニライブを約1時間にわたり実施しました。

トップバッターとして登場した「clearance」。楽器を使わず人間の口だけで様々な音を奏でる様子に、患者さんやご家族、病院スタッフの方々は笑顔を交えながら感心されていました。ヒット曲の「パプリカ」を使ったアカペラ分解に会場のみなさんも笑顔をみせていました。

続いて登場したのは、よしもと所属のお笑いコンビ「武者武者」。マイクの前だけではなく、ステージから飛び降り客席の子どもたちとコミュニケーションを取るパフォーマンスもあり、会場中を笑顔にしました。

3組目のステージは「有華」。自身作詞作曲の「カラフル」「おつかれさま」を披露した他、クリスマスソングの定番曲「あわてんぼうのサンタクロース」も歌い、会場の子供たちは手拍子をしながら楽しい表情を浮かべていました。

ラストには出演者全員で「ジングル・ベル」を合唱。会場は楽しい雰囲気に包まれてエンディングを迎えました。

「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」と「国立循環器病研究センター」の訪問を終えた後、「有華」と「clearance」、「武者武者」、DJ戸田柚葉は、FM OH!スタジオに戻り、番組「キン☆ボシHappy Hour」に出演。「いま自分が大変であろう皆さんがたくさん参加してくれて、関係者も含めて全員の暖かさで実現できているイベントだと改めて感じた。」(戸田柚葉)、「手拍子しながら体を揺らしながら、それぞれの楽しみ方で参加頂ける環境が整っていた。今後も歌を届けに行きたい。」(clearance)、「自分にも二人子供がいる。子供がたくさん笑ってくれて逆に元気をもらった。」(武者武者)「自分の大好きな音楽で気持ちを伝えられて嬉しかった」(有華)など、それぞれに訪問の感想を語ってくれました。

画像: ■ 国立循環器病研究センター

★概要

日時:2019年12月20日(金)11:15~
出演:有華、clearance、武者武者
MC:戸田柚葉(FM OH! DJ)
内容:
(1)11:15~「ドナルド・マクドナルドハウス おおさか健都ハウス」を訪問
 館内を見学し、FM OH!「なんMEGA!」生放送に電話レポート実施。その後、ボランティアの方にクリスマスソングを披露。

(2)14:30~国立循環器病研究センター
 入院している患者さんとご家族のためにクリスマス・ライブを実施

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.