画像1: 2020年最初のゲストは岸和田競輪の古性優作選手

2020年最初のゲストは、岸和田競輪の古性優作選手。
古性選手は、1991年2月22日生まれのO型。大阪府出身。
ホームバンクは地元の「岸和田競輪場」。日本競輪学校第100期生。
自転車競技BMXで数々の受賞歴を持ちながら、競輪の世界へ。
2011年7月に岸和田競輪場でデビュー。そのデビュー戦で初勝利を挙げ、後2日間も勝利し、
デビュー場所で完全優勝を果たしています
キャッチフレーズは「浪速の暴れん坊」(本人は知らなかったそうです・・・笑)

画像2: 2020年最初のゲストは岸和田競輪の古性優作選手

古性選手は、競輪の世界に入る前は幼少のころから自転車競技の「BMX」で活躍し、
BMXの全日本選手権で206年から2008年にかけて3連覇を果たし、世界選手権でも決勝まで進出するなど、本人もオリンピックを目指し、将来を有望視されていました。
そんな中、BMX出身の多くの選手が競輪に転向していることを知り、競輪の世界に入ったということです

画像3: 2020年最初のゲストは岸和田競輪の古性優作選手

そんな競輪選手としての古性選手は、BMXを経験しているだけあって、逃げ・捲り・差し、と
ほぼ均等な数字が出ていて、文字通り「自在型」の選手。
昨年の競輪ダービーでも見せてくれたように、厳しいレースになるほど本領を発揮してくれる
頼もしいレースを見せてくれます

画像4: 2020年最初のゲストは岸和田競輪の古性優作選手

まだ29歳という若さですが、すでにベテランの風格を感じさせる存在感ありありの古性選手。
今後の活躍が非常に楽しみな古性優作選手にぜひぜひ注目してくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.