滋賀の話題と言えば明智光秀を主人公とした大河ドラマ「麒麟がくる」。 明智光秀ゆかりの地が滋賀には数多く存在します。 その中でも、近江大橋西詰のすぐ南側に位置する「膳所城」は、 白亜の天守閣や、石垣、白壁の塀・櫓が美しく、その美観は日本一とさえ言われ、 まるで水上に浮かんでいるように見えたので「湖上の浮城」と呼ばれたそうです。 現在、本丸跡は膳所城跡公園として整備され、 入り口には復元された城門と城壁、天守閣跡には石碑が立っています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.