魚の産卵場所であり、稚魚の住むところでもあるため、海のゆりかごと呼ばれる「アマモ場」。
その再生に取り組む海域ではぐくまれたのが「日生かき」です。自慢の日生かきを県内外の方に堪能していただこうと、2月23日(日)朝8時〜昼2時まで、日生町漁協「五味の市」周辺広場で「ひなせかき祭」が開催されます。日生かきをはじめ、日生カキオコ、かきフライ、かき汁、かき飯など、かき尽くしの販売で賑わいます。購入したカキをその場で焼いて食べられるバーベキューコーナーも人気です。駐車場についてなど、詳しくは 「日生漁業協同組合」のホームページをご覧ください。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.