R45 ALL THAT 補足 (文&写真 柳田光司)

R45オールザットらじヲ supported by Joshin」を
担当しています「柳田光司」です。

「柳田?!? 誰やねん?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

ただ今、シーズン②「湊町(みなとまち)サウンドクリニック」が開業中。
一言でいえば…R45流の≪お悩み相談≫企画。
大阪市街で「悩み、怒りインタビュー取材」を敢行中。
また、皆さまからの投稿メールも随時募集中です。
「オトナの女性」と「年齢だけムダに重ねている男」が、
≪しぶとく、カッコよく生き抜くためのヒント≫を勝手に処方中!

第119回「ここ最近2戦2敗・彼女ができない」(2020年2月7日OA)

ミュージシャンの「ライブ盤」が大好きです。

DVDやBlu-rayよりも「耳で聞くアルバム」が大好きです。
もちろん、スタジオでしっかりと音を重ね合わせながら加工した
「スタジオアルバム」も好きなのですが…

ここ最近、懐かしライブアルバムばかり聞き直しています。

行ったことがない。
見たこともないコンサート会場の雰囲気が脳内に広がる感じがたまりません。

何枚かご紹介したいと思います。

(1)HOWLING LIVE/泉谷しげる with LOSER

10代の終わりから、20代のはじめ。よく聞いていました。
当時、まだ学生でしたが…なぜか?会社員の悲哀を歌った曲が好みでした。
「春のからっ風」から「褐色のセールスマン」のあたりがお気に入りでしたが…
50歳を超えた今も、まったく変わらず。泉谷!カッコよかったWW

(2)長渕剛 LIVE

デビューからギター1本で全国廻り続けた長渕剛。
1981年に行われた日本縦断コンサートの集大成。
あの頃、レコードからカセットテープに落として死ぬほど聞いていました。

当時のギターキッズにとって♪「夏まつり」のスリーフィンガーは神の領域。
アルバムからこぼれた最後2曲がおまけのシングル盤。
B面『さよならの唄』がライブ盤らしい1曲でした。

(3)HEARTLAND /佐野元春with HEARTLAND

2枚組 ボックス仕様。歌詞ブック兼写真集付き。
これも、10代の終わりごろ よく聞いていました。
「歌詞ブック&写真集付き」が想像力を掻き立てるんですよね。

佐野元春さんが書いていたメッセージレター
「ハートランドからの手紙」を、熟読しまくりでしたWW

(4)Golden Delicious Hour /斉藤和義

99年、大阪城ホールと日本武道館にて行われたライヴの模様を収録した1枚。
これも好きですねー。
どこから、どう聞いても 飽きないライブ盤かもしれません。

(5)嘉門雄三&VICTOR WHEES LIVE

桑田佳祐が『嘉門雄三』名義で発売した唯一のライブアルバム。

東京のライブハウス「EggMan」と大阪でも公演したはず。
そのオープニングアクトを勤めていたのが、嘉門達夫さんでした。

やっぱり、オープニングナンバー
オーティス・クレイのカバー♪「Trying To Live My Life Without You 」から
嘉門雄三唯一のオリジナル曲「Reggae Man」の流れがいい。
英語詞の間奏に入る「日本語歌詞?」の乗せ方がたまらなく素敵です。

ちなみに、数字はランキングや順位ではありません。
機会があれば、こういう形の自己紹介もやっていきたいですね。

…で、こんな私が
≪ここ最近2戦2敗・彼女ができない≫で処方したのは
アメリカの音楽プロデューサーであり作曲家
「クインシー・ジョーンズ」の『JUST ONCE』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?気になる方は、
ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組を聞いて頂ければ…有難いです!

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、
2020年2月14日(金曜日)夜9時からお送りいたします。

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。

谷口「わー、わー、言うてます!」
柳田「お時間です!」
2人「さようなら!」     …(つづく)

画像: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2020年2月14日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.