画像: 2月29日放送「知らない、わからない」と発信するのも重要な情報

今週の【ロミさんのフィールグッドな言葉】

<「知らない、わからない」と発信するのも重要な情報>

コミニケーションを学ぶあるゲームでのこと。
同じ方向を向いて前後に座った6人は筆談でしか連絡できないというルールがありました。
6人中、ゲームの目的、やり方を知っているのは先頭に座った1人だけ、残りの人は全く情報がなくゲームの意図さえ何だかわからずに時間ばかり経っていきます。自分は何も知らないから何もしない、上からの指示を待つだけと言う姿勢ではこのゲームは前に進まないようになっています。
皆困惑している中で、1番後ろに座ったひとりが勇気を出して「私は何も情報がない、何をしたらいいか?」と発信しました。

自分以外の人が何も情報を持っていないことにやっと気がついた先頭の人がリーダーシップを発揮してゴールに達することができました。
とかくリーダーは部下がみんな同じ情報を持っていると勘違いしてしまうものですね。

何も情報がないことを開示することで、バラバラだったチームが目的に向かってひとつになったのです。

「知らない」から何もできない、指示を待つだけ、では何事も前に進みません。
時には「何も情報がない、わからない、どうしたらいいか?」と自ら発信することも重要な情報だと実感しました。

今週の【ケーススタディ】

・仕事の帰り、毎晩献立を考えるのが苦痛。(30代 女性)

一人の悩みに答えるだけではなく、それを一つの例としてあなたにも当てはまる解決方法として<考え方>をご紹介。皆さんも相談したいこと、何かありましたら番組までお送り下さい。

【リセラテラス・セレクション】

ここでは、人と地球が喜ぶこだわりの情報を紹介するWEBサイト・リセラテラスからとっておきの話題をセレクトしてご紹介します。

今回は、【コラム】のコーナーについて。

協子さんのコラムをご紹介。
タイトルは、「同じ波動が繋がる喜び、あ〜しあわせ」。
先日、リセラテラスの「悩める女性への愛溢れる・ビデオメッセージ「ミューズへの伝言」を発信されているスピリチュアリストの江原啓之さんと、神奈川県の鎌倉にある、南雲ドクターが営まれている和食のレストラン「吟」に行ってきた時に感じたことを綴られています。

それぞれの分野で、やり方は違っても、命をかけて人々への愛情を注ぎ込むこと。
これがご縁で繋がりさらに美しい波動となって世界に広がれば、と感じさせられたそうです。
ぜひ、チェックしてみて下さい!

radikoのタイムフリーでもう一度♪

是非、radikoのタイムフリーを活用して、もう一度チェックしてみて下さい!
そして、大切なお友達にもぜひSNS等でシェア・教えてあげてくださいね。
※放送一週間以内のみ聴取可能

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.