地元で「清流」「名川」として知られている「錦川」の下流には、錦帯橋がかかり、夏には鮎釣りや鵜飼いが盛んで、春からは上流部で鱒釣りも行われます。小さな支流・保木川の周辺は南河内という地域で、錦川清流線の無人駅「南河内駅」があります。今の季節、この南河内駅の周りの田んぼには、菜の花が可愛く咲き誇っています。一面黄色の菜の花畑の真ん中の駅舎の無い小さなプラットホームに、可愛い小さなディーゼルカーが止まる姿は懐かしい気持ちにさせてくれます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.