奈良公園は、東大寺や興福寺など世界遺産の大きなお寺が隣接し、この時期、観光しながら花見を楽しみたい人におすすめです。公園内の敷地はなんと、東京ドームおよそ107個分。奈良の県花であるナラノヤエザクラをはじめ、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、ナラココノエザクラなど約1700本の桜が植えられています。散策の途中に立ち寄ってほしいのが、園内の鷺池に建つ六角形の東屋・浮見堂です。この季節は特に気持ちいいんですよね。池のほとりに桜が咲いているので、ゆっくりと周囲を散策するも良し、ボートに乗って池の中から桜と浮見堂を愛でるのも良いですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.