913年、京より津野経高が入国して以来、神楽をはじめとする信仰文化や、山間の農耕生活を支えるさまざまな用具などの生活文化が起こされ、それらは津野山文化として今に伝えられています。
梼原町にある「歴史民俗資料館」には、縄文時代前期から各時代の遺物や遺品、町内で作製された道具や、使用された物などがおよそ6000点展示されています。
平成25年4月からは、そんな経高入国1100年を記念した「梼原千百年物語り」としてオープンしました。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.