パルプ・紙・紙加工品製造業の製造品出荷額等が日本一の四国中央市では、7月28日(土)29日(日)の2日間、朝10時から夕方4時まで、川之江地区商店街内、栄町駐車場、紙のまち資料館を会場として、地場産業の「紙」をテーマとして行う「四国中央紙まつり」が開催されます。
伝統的な行灯である「てんびん」に明かりが灯る中、紙の手漉き動作をアレンジした「紙おどり」が街を盛り上げてくれます。
日中は、紙で製作した衣装によるファッションショーや、和紙の手漉き・水引細工・紙工作等の体験など、様々なイベントが楽しめます。
詳しくは、 「四国中央紙まつり」のオフィシャルHPをご覧下さい。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.