今夜の「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」は、
「武庫川女子大学 生活環境学部情報メディア学科」教授で、
数式入力インターフェース「Math TOUCH」を開発した
「福井 哲夫」先生をお迎えしました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第71回-放送後記

福井先生は、もともと理学部で素粒子などを研究していた物理学者。
福井先生が学生時代、情報工学という分野はなく、
物理では計算にパソコンを使っていましたが、デジタル入力が面倒で、
「もっと便利にならないかな」と当時から思っていたそうです。
大学院修了後、ロボコンで有名な香川高等専門学校で教壇に立ち、
その後1997年から武庫川女子大学の教壇に立っていらっしゃいます。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第71回-放送後記

「MathTOUCH」とは・・・数式をパソコンやスマホで手軽に入力できる
数式入力インターフェース。
あいまい入力変換方式で数式を入力できる方法を開発し、2015年に特許取得。
「Math TOUCH」はこの仕組みを具体化したソフトで、
世界でもこうした仕組みを実現しているのは福井先生だけだそうです。
実際にパソコンをスタジオに持ってきてくださり、
実演しながらお話ししてくださる福井先生。
「MathTOUCH」開発の経緯から、学生のみなさんとの最近の取り組みについて
詳しく聴かせていただきました。
システムに関してもとても分かりやすくお話しくださり、
塩田さんもあれこれ質問しながら、「すごーい!!」と大感激。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第71回-放送後記

昨今の成果としては、
7月24日~27日、アメリカでの「ICMS 数式ソフトウェアに関する国際会議」で
「Math TOUCHを実装した数式エディタ」を発表。
各国の研究者からも興味深い反応が返ってきたとのことです。
さらにゼミの学生と一緒に「Math TOUCH」でグラフ作成を行うツールを開発。
8月27日~29日、京都大学数理解析研究所「RTMS」で行われる
「数学ソフトウェアと教育利用に関する研究会」で
このツールについて発表を行うそうです。

画像4: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第71回-放送後記

今回の放送内容は、「radiko」でもお聴きいただくことが出来ます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.