県北・延岡の秋の風物詩「鮎やな」は、産卵のために川を下る鮎の習性を利用し、川を堰き止め、竹のスノコで造った「おてす」に鮎を誘い込む漁法のこと。
秋になると五ヶ瀬川流域に架設される鮎やなは、300年以上の伝統を誇ります。
そんな鮎やなの架かる川辺で焼く鮎の香りやその風景は、環境省が選定する「かおり風景百選」にも選ばれています。
延岡市内には、この時期だけの鮎処も登場します。
鮎やなは、12月2日(日)まで楽しめますので、是非、食材の宝庫・延岡で、今だけのおいしさをお楽しみください。

※掲載している情報の詳細や、当日のイベント開催可否に関しましては、公式ホームページをご確認いただくか、主催者までお問い合わせをお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.