こちらのブログを見ながらオンエアをお聴きいただくと、より番組を楽しむことができます!
なお、写真は全て特別な許可を得て撮影・使用しています。無断転載などはご遠慮ください。

画像: 第29回【OH!てらさんぽ】宝鏡寺・前編

今回訪れたのは、京都市・上京区にあります!
『 宝鏡寺門跡 』です!

画像: 今週と来週は宝鏡寺を紹介します。

今週と来週は宝鏡寺を紹介します。

画像: 宝鏡寺門跡 住職の田中惠厚さんにお話を伺いました。

宝鏡寺門跡 住職の田中惠厚さんにお話を伺いました。

画像: 人形の寺として親しまれています。

人形の寺として親しまれています。

画像: 田中住職さんにご説明していただきました。

田中住職さんにご説明していただきました。

画像: こちらが人形塚です。

こちらが人形塚です。

詳しくはホームページからも!

Ritsリポーター!

今現在、京都に住んでいる「若い目線のリアルな京都」も紹介します。
この番組でガッツリダッグを組ませていただいております!京都の「立命館大学」!!
そんな「立命館大学」の精鋭達をこの番組の「Ritsリポーター」として、
生の京都を紹介してくれるのが、
立命館大学応援団吹奏楽部 副部長の「浅野七美」さん、
山脇めぐみ」さんです。

画像: Ritsリポーター!

京都ワンポイント情報!!

宝鏡寺の近く、堀川・今出川の角にあります京都の老舗和菓子店「鶴屋吉信」京都本店!
 享和三年(1803年)創業以来、にひゃくじゅう余年の歴史をもつ
こちらの名物の一つでもある「京観世」!
 伝統の味を今も、職人が手作業で巻き上げています。

 小豆本来の素朴な味と香り、心地よい食感、やさしい甘さの「京観世」は、
   大正9年(西暦1920年)創案のおよそ100年愛され続けているロングセラー銘菓です。
菓子の断面は渦巻く水の文様で、伝統の味を今も、職人が手作業で巻き上げています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.