今夜の「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」は、
武庫川女子大学 文学部 教育学科 健康・スポーツ専攻 卒業、
ボディトレーナーで、ダウン症の子どもと親のサークル
「神戸おやこ療育サークル」副代表 寺本 夢さんをお迎えしました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第89回-放送後記

今日は4か月の娘さんも一緒にスタジオに♪(祝・メディアデビュー 笑)

武庫川学院は、中学校・高等学校、短期大学部からの編入して
武庫川女子大学 文学部 教育学科 健康・スポーツ専攻 へ。
中学1年生のときは演劇部。
中学2年生から大学まで、ずっとダンス部に所属していたそうです。

現在は、ダンサー向け美構造メソッドを提案し、
パーソナルトレーニングで指導している寺本さん。
日本古来のカラダの使い方『古武術』からヒントを得た
身体操作方法《美構造》をダンサー向けに特化したメソッド
「BSM for Dancers」を取り入れたトレーニングを行っています。
このトレーニングでは、身体の構造を整えることで
無理なく可動域を広げ、軸を感じることができるとのことで…
塩田さんも実際に体験してみました!

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第89回-放送後記

すると何ということでしょう!
前屈が苦手という塩田さん、グッと前に曲がるようになりました。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第89回-放送後記

そんなダンス/トレーニングの活動の他、
2015年に生まれた2歳7か月の息子さんがダウン症であることから、
2016年にダウン症児のための療育サークル
「神戸おやこ療育サークル」を立ち上げ、副代表として活動している寺本さん。

子育てについて、どうしたらいいかわからず、いろいろ情報を集める中、
療育がいいということは分かったが、誰に聞いてもはっきりした答えがなく、
神戸市の療育までたどり着いたところで、
以前、仕事をしたことがある竹下あきこさんと再会。
たまたま子どもが1週間違いに生まれ、ともにダウン症だったことから、
情報のシェアをめざし、二人で療育サークル「神戸おやこ療育サークル」を
設立するに至ったそうです。
現在、50家族が参加。
神戸を中心に、芦屋~尼崎~篠山まで参加者がいるそうです。
↓↓↓詳しくはホームページ、Facebookをご覧ください。

寺本さんの活動については、ホームページをご覧ください♪

画像4: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第89回-放送後記

今日のオンエアは「radiko」でお聴きいただけます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.