今夜の「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」は、
武庫川女子大学 文学部 日本語日本文学科卒業、
静岡県のFMラジオ局 K-mix(静岡エフエム放送)アナウンサー
島田 真梨子さんをお迎えしました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第91回-放送後記

北九州市ご出身の島田さん。武庫川女子大学に進学したキッカケは、
お母さまが関西の女子大出身で、島田さん自身も関西の女子大に
行きたいと思ったからだとか。
また書道をしていたので、武庫女のように書道のゼミがあり、
大学で書道をできるのが魅力だったとか。
将来、しゃべる仕事を目指していたこともあり、
日本語日本文学科という学科にもひかれ、
オープンキャンパスで校風が気に入り、武庫川女子大学の受験・進学を決意されたそう。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第91回-放送後記

入学して1年間は堅忍寮で過ごし、大学時代は日本語と言葉に特化して学んだ4年間。
大学時代はアナウンサースクールに通い、新聞社でマスコミの最前線で活躍された
河内鏡太郎先生の「マスコミ塾」にも参加していたとのこと。

そんな島田さんがラジオを目指したキッカケは、
北九州市にいらした頃、地元ラジオの、お母さんについて話す番組に出演し、
パーソナリティの方の、滑らかにトークを引き出す話術に感動したことなのだとか。
そんなラジオの現場を志した子どもの頃の思い出や、
武庫川女子大学時代のエピソードなどもたくさん聴かせてくださいました。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第91回-放送後記

朗らかにお話ししてくださる島田さん、
取材に出かける前には、インスタなどでその日の現地の様子などを
頭に入れてからでかけるとのこと。
大学時代、河内先生に「現場が大事」と教えられたことが原点に
なっているのだそうです。

K-mixでアナウンサーを務めて7年目、
10年目を目指して頑張っているという島田さん。
地域の人から愛されるパーソナリティとして、
細く長くやっていきたいとお話してくださいました。

画像4: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第91回-放送後記

そんな島田さんのお話は「radiko」でもお聴きいただけます!

河内先生と「マスコミ塾」出身のみなさん、
そして塩田さんと、ハイチーズ♪

画像5: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第91回-放送後記

島田さんのツイッターはコチラ♪↓↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.