今年のお正月、西宮市にある「廣田神社」では、
武庫川女子大学の学生が考案したおみくじが授与されていました。
兵庫県下の企業2社と連携して制作したおみくじ「神様のつぶやき」について
今日はご紹介しました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第149回-放送後記

 
今夜の「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」、
スタジオにお迎えしたのは、
武庫川女子大学 生活環境学部 情報メディア学科3年、
和泉志穂先生のゼミに所属する宮城 杏奈さん、白川 未菜さん、土橋 茉鈴さん。

「神様のつぶやき」を企画したのは和泉ゼミ3年生の11人。
20代の若者を呼び込みたいという廣田神社の思いを受け、
昨年春から神社の歴史やおみくじについて調査。
西宮の地域活性化を目的に、アロマ関連商品などを製造販売する
「植物セラピーあろあろ」(伊丹市)と印刷会社「ロータリービジネス」(宝塚市)、
そして廣田神社が学生と連携して実現。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第149回-放送後記

「神様のつぶやき」はアロマの香りを楽しめるおみくじ。
香りを変えた「恋愛」「勝負」「美容」「金運」の4種類があり、
学生が選んだひと言が添えられています。

番組では「神様のつぶやき」の企画に至った経緯から、
実際に取り組んで向き合った苦労、やりがい、
神社で実際に参拝された方にお渡しした時の感想などお伺いしました。

和泉ゼミのインスタグラムには、企画を進める学生のみなさんの様子が
写真や動画などと共にアップされています。

今日のオンエアはradikoでもお聴きいただけます。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第149回-放送後記
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.