滋賀県高島市にある農業公園マキノピックランドを縦貫する県道小荒路牧野沢線には、延長約2.4kmにわたって、メタセコイアが約500本植えられ、マキノ高原へのアプローチ道として、高原らしい景観が人気のスポットです。昭和56年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業の一環として植えられ、関係者をはじめとする地域の人々の手により慈しまれ、育まれ、その後、県道に協調して距離を伸ばされたことから、現在の雄大な姿となったものです。メタセコイアは、中国原産、スギ科メタセコイア属の落葉樹で、和名はアケボノスギと言い、最大樹高が115mにも及ぶといわれるセコイアにその姿が似ていることから、変形したセコイア、メタセコイアと名づけられました。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪花と、四季折々に訪れる人々を魅了します。詳しくは、 びわ湖高島観光協会のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.