毎年、年末に仙台から故郷の鹿児島へ車で帰省しています。 といっても運転は夫任せで私は後ろの席で娘のお世話をしています。 娘が赤ちゃんの頃は、粉ミルクを溶かす用にお湯をもらうために 水筒を片手に持って、あちこちのサービスエリアにお世話になりました。 おむつ替えルームや授乳ルームがあるサービスエリアを見ると 拝みたくなるほど感謝の気持ちが込み上げます。 サービスエリアでは、鹿児島に近づくにつれて、 だんだんと馴染みの味つけのご飯に出逢えて嬉しくなります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.