若狭と京都を結ぶ「鯖街道」の重要な宿場町であった「熊川宿」で、江戸時代から生産されている「熊川くず」。自生する葛根を冬場の冷たい湧き水を使って生成する「寒晒し」と呼ばれる手法を現在も用い、その質の高さから、日本三大葛のひとつに数えられています。「熊川くず」を透明になるまで練り上げた「くずまんじゅう」は、こしあんを包んで冷やすという素朴なお菓子で、お盆を最盛期に10月上旬頃まで、小浜市とその周辺の菓子店の店頭に並びます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.