R45 ALL THAT 補足 (文 柳田光司)

「R45オールザットらじヲsupported by Joshin」を
担当しています「柳田光司」です。

「柳田?!? 誰やねん?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

ただ今、シーズン②「湊町(みなとまち)サウンドクリニック」が開業中。
一言でいえば…R45流の≪お悩み相談≫企画。
大阪市街で「悩み、怒りインタビュー取材」を敢行中。

また、皆さまからの投稿メールも随時募集中です。
「オトナの女性」と「年齢だけムダに重ねている男」が、
≪しぶとく、カッコよく生き抜くためのヒント≫を勝手に処方中!

第140回「ラジオ番組でメールが採用されない」(2020年7月3日OA)

伝統ある日本独自の文化『歌舞伎』
独特の決まりごとも多く、難しいもの・堅苦しく高尚なものと敬遠されがち。

恥かしながら、私も、そのひとりでした。

こんなことを言うと、元も子もないですが…
「歌舞伎俳優」って、どの人も同じ顔の雰囲気で…
誰と誰が親子で、兄弟で…正直、見分けがつかなかったんです。

…でも、50歳をこえて「この浅さ」は洒落にならないなぁ~と思いはじめ
少しづつ勉強中なんです。ここだけの話。

まずは、家系図から整理し始めました。

〖中村屋〗

故・中村勘三郎さんは、疎い私でもわかりました。

勘三郎さんの長男は「勘九郎さん(いだてん)」
で、嫁は「前田 愛」さん

次男は、「七之助」さん。

…で、ここが間違いやすいのですが
「勘三郎」さんの「奥さまの姉」と
結婚しておられるのが『中村橋之助』さん。

橋之助さんの嫁が「三田寛子」さん。

橋之助さんの子どもは三人。
長男「国生」さん
次男「宗生」さん
三男「宜生」さん

〖澤瀉屋(おもだかや)〗

お父さんは『市川猿翁(えんおう)』さん
長男は『市川中車(香川照之)』さん
香川さんの(いとこ)は『市川猿之助』さん

〖高麗屋(こうらいや)〗

お父さんは『松本幸四郎』さん

長男は『市川染五郎』
妹(二女)は『松たか子』

松さんの夫は「佐橋 佳幸」さん。
佐橋さんは、有名なギターリストだからめちゃわかっていますWW

〖山城屋〗

お父さんは『坂田藤十郎』さん
奥さんは、「扇千景」さん。

藤十郎さんの「妹」が『中村玉緒』さん。
玉緒さんの、夫は ご存じ「勝新」さん。

〖萬屋(よろずや)〗

「中村獅童」さん
「中村隼人」さん

〖松嶋屋(まつしまや)〗

「片岡仁左衛門」さん

そして、ご存じ「片岡愛之助」さん
奥さんは「藤原紀香」さん

〖音羽屋(おとわや)〗

お父さんは『尾上菊五郎』
その長女は「寺島しのぶ」さん

そして『尾上松也』さん

松也さんは、BSの「京都特集」のほかに
なぜか?お笑いに詳しい方なのでよ~く認識できています。

で、いざ歌舞伎を(本気で)見始めると…
漫才師と同じく「怖めず」「臆せず」「恥じらわず」の
言葉で言いあらわせない“艶っ気”がほとばしる方が 贔屓のようです。

話の筋は、一言でいえば「関西風味のわかりやすい人情風味」
時代に左右されない普遍性のあるものが多いことも初めて知りました。

愛憎溢れる恋物語だったり。
浮気や心中といったスキャンダラスで下世話な事柄も多かったり。
映画の題材と被るものも、たくさんあるんですよね。

「篭釣瓶花街酔醒」(かごつるべ・さとのえいざめ)

江戸時代の吉原トップの花魁は、
現代でいえば、高級ホステス+タレントのような存在。

花魁「八つ橋」に惚れ込んだ 金持ち社長は 通い詰めたあげく
身請け(一生、贅沢な暮らしを保証するから…)を持ちかける。

しかし、八つ橋には 一般男性と恋仲であり…最終的に社長に恥をかかせ振る。

だが、ストーカー化した社長は… 
八つ橋を追い続けるモンスターと化していきます。

『夏祭浪花鑑(なつやすみ・なにわかがみ)』

大阪の不良グループ「団七九郎兵衛」とその仲間たちは、
主君のアホぼんを守るため… 義侠心ひとつで あくどい男を殺し、

アホぼんの身柄護送を頼まれたオンナ。

だが、仲間のひとりから
「若者とオンナが一緒だと、間違いが起きそうでまずい!」と言われ気まずい空気。

すると、オンナは 焼け火箸を顔に押し当て「これでも色気がござんすか?」と。
物語は、敵との死闘へと突入。

まるで、漫画のような筋ですが…見てしまいます。

「弁天娘女男白浪」(べんてんむすめ・おのしらなみ)

主人公は、十代後半の美少年。
幼少期、親とはぐれた「弁天」は12才の時 江の島で。

ルックスの良さでスカウトされ坊主の見習いに。

しかし、その実態は
振袖姿で観光客を売春するゲイボーイで生計を立て~
~賽銭泥棒、美人局…不良街道まっしぐら。

やがて、志を同じくする不良仲間5人とチームを結成。

5人は、呉服商「浜松屋」におしかけ 強盗を計画するのですが…
太く短く粋で楽しい 不良青春ドラマでした。

『恋飛脚大和往来(こいたより・やまとおうらい)』

飛脚屋のチュウベイは、恋人の遊女「梅川」を身請けしようと前金を払ったが…
残りの金が用意できない。
「梅川」を身請けしょうとするライバルに、人前で笑われ嘲笑される。

腹がたったチュウベイは、偶然持ち合わせていた『公金』に手をつけ…残金を支払う。

罪人になったふたりの男女は、死を覚悟。

死ぬ前に、一目チュウベイの父親に会うため、落ちのびて行く。

『鳴神(なるかみ)』 

修行をきわめた高僧・鳴神上人は、
朝廷が約束をやぶった事に怒り…
竜神を滝壺に閉じ込めて 雨を降らせず 作物が育たないように企てる。

事態を重く見た朝廷は、『雲絶間姫(くものたえまひめ)』という
美人スパイを送り込み… 色仕掛けで 鳴神を虜にし超能力を破ろうとする。

(中略)

竜神のしめ縄を切って、雨を降らせ、ミッションを成功させる女スパイ。
だまされたと知った上人は、荒れ狂い姫の後をおいかけて来る!!!

往年のハリウッド映画を彷彿させるような筋立てだと思いませんか?

…で、こんな私が
≪ラジオ番組でメールが採用されない≫で処方したのは…
「山崎まさよし」の 『セロリ』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?気になる方は、
ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組を聞いてください。

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、
2020年7月10日(金曜日)夜9時からお送りいたします。

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。

谷口「わー、わー、言うてます!」
柳田「お時間です!」
2人「さようなら!」     …(つづく)

画像: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2020年7月10日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.