R45 ALL THAT 補足 (文 柳田光司)

「R45オールザットらじヲsupported by Joshin」を
担当しています「柳田光司」です。

「柳田?!? 誰やねん?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

ただ今、シーズン②「湊町(みなとまち)サウンドクリニック」が開業中。

一言でいえば…R45流の≪お悩み相談≫企画。
大阪市街で「悩み、怒りインタビュー取材」を敢行中。

また、皆さまからの投稿メールも随時募集中です。
「オトナの女性」と「年齢だけムダに重ねている男」が、
≪しぶとく、カッコよく生き抜くためのヒント≫を勝手に処方中!

第144回「湿気で洗濯物が乾きません」(2020年7月31日OA)

ここ最近、ハマっているのが「夏目雅子さん主演の映画」を観ること。

「鬼龍院花子の生涯 」「瀬戸内少年野球団」「小説吉田学校」
「時代屋の女房」「魚影の群れ」

記憶の中にある
テレ朝で放送していたドラマ
『鉄道公安官』と『サンキュー先生』なんかも素敵。

チョイ役で出演されています。

作家・伊集院静さんの書籍を一度も読んだこともないのも
こんな美しい女性を「妻」にしやがって!(笑)…という気持ちも多少あるでしょう。

夏目雅子さんが亡くなった時の衝撃は、鮮明に記憶しています。

高2(1985年)の9月。
ちょうど、阪神タイガースが優勝するのでは⁉という時でした。

27歳という若さでした。

「ブライアン・ジョーンズ」「ジミヘン」
「ジム・モリソン」「ジャニス・ジョプリン」…も27歳でこの世を去りました。

ロックが好きな子には、もはや”あるあるネタ”でしょうね。
自分も「27歳」で死ぬのではないだろうか…と不安な日々を送るのです。

そして、「27歳」を超え「28」「29」…と年齢を積み重ねると同時に
「自分には、音楽の才能など微塵も無かった」と気づくのです(笑!)

以来、「27」という数字が好きではありません。

追悼という気持ちもありますが…
夏になれば、必ず聞くオムニバスアルバムがあります。

夏目雅子さんの水着姿がまぶしいジャケットです。
選曲は「春」「秋」もありますが…
最高に「夏!!!!!!」しています。

…で、こんな私が
≪湿気で洗濯物が乾きません≫で処方したのは…
「鈴木蘭々」の 『花とみつばち』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?気になる方は、
ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組を聞いてください。

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、
2020年8月7日(金曜日)夜9時からお送りいたします。

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。

谷口「わー、わー、言うてます!」
柳田「お時間です!」
2人「さようなら!」     …(つづく)

画像1: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2020年8月7日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
画像2: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2020年8月7日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.