山口県山陽小野田市の「花の海」は、 西日本最大級の大規模システム生産農場です。 農業の近代化と法人化を目指して2003年に設立され、 瀬戸内海沿岸の約15ヘクタールの広大な干拓地に大規模システム農園をつくり、 農作物の安定的な生産と品質維持を行いつつ、低価格化を実現しています。 農産品の生産だけでなく、消費地と生産地の交流や地域活性化を目的に 生産現場の解放や、野菜や果物の収穫体験などを行っています。 野菜や果物に加えて花苗の生産にも力を入れていて、 園内には季節のお花を楽しめるお花畑も用意されています。 今の季節は、広大なお花畑を70万本ものひまわりがカラフルに染めています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.