ご意見をいただいた委員
石井 誠  委員長
柿木 央久 副委員長
塚本 英邦 委員
古屋 和彦 委員
森  清顕 委員

以上5名

議題
今回は、『SKETCH〜また会おうライブハウスで〜』についてご審議いただきました。

今、世界中で猛威を振るうコロナウィルス。
このコロナウィルスによる緊急事態宣言・外出自粛の影響で、 様々な職業や立場の人々が大きな影響、そして被害を受けています。
中でも「不要不急」とされたエンターテイメント業界の被害は甚大です。
まるで出口の見えないトンネルのように、真っ暗な道の中、 ただそれでも、小さな希望を頼りに走り続けているのが「ライブハウス」。この番組では、ライブハウスで働く方をお迎えして、それぞれのライブハウスで描かれてきた歴史と想いを座談会形式でお伺いました。

この番組につきまして、番組審議会委員からは、

・誰もが経験していない未曽有の苦しい状況にあってゲスト2人の明るく前向きな声と話は、暗闇の中に一条の光が見えた気がする。

・企画の趣旨としては大変面白い。内容も新鮮なものが多かったので、シリーズ化しても良いくらいではないかと思う。

といったご意見が出た一方で、

・冒頭のナレーションについては、こういう時だからこそ、書き言葉風の台本を読むのではなく、プロのDJとして生の言葉で喋ってほしい。

・トークの進行では、誰が喋っているのかすぐ分からなくなるので、整理してほしい。

といったご意見もいただきました。

各委員のご意見を参考に、FM大阪ではこれからも、より良い番組作りに努めて参ります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.