明治 15 年に町民の寄付により建築された小学校校舎「開明学校」。 アーチ型の窓にドイツ製のガラスが使用され、 文明開化に近づこうとした町民の教育に対する情熱が込められています。 現在は、教育資料館として、明治初期の貴重な掛図をはじめ、 昭和初期にかけての資料約 6,000 点が展示されています。 考古資料を展示している第二校舎「歴史民俗資料館」も見学できます。 「お国じまんカードラリー2020」のごじまんスポットにもなっていますので、 立ち寄った際にはスタンプをゲットして下さいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.