鳥取県米子市の北側、日本海に面した、山陰を代表する海辺の温泉地といえば皆生温泉です。海に湯が湧くとうたわれる山陰最大級の温泉で、大正9年に開発されて以来、今年で100年の節目を迎えました。「潮風の足湯」は、足湯から海を眺めることが出来るのが特徴で、源泉温度は60度以上あり、水で温度を調整します。また、米子市観光センター前にも足湯があり、無料で、タオルの貸出もあります。この「米子市観光センター」は「お国じまんカードラリー」のごじまんスポットにもなっていますので、お立ち寄りの際には、是非、スタンプをゲットして下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.